「ジェフ・ベック・グループ」ジェフ・ベック 1972年

2017-11-15

ロッド・スチュワートはフェイセズを結成しちゃったし、ヴァニラ・ファッジのリズム隊の二人はカクタスを結成しちゃうしで、それでも諦めないでバンドを組んで出したのが『ラフ・アンド・レディ』に続くこの『ジェフ・ベック・グループ』です。

スティーヴ・クロッパーをプロデューサーに迎えたこのアルバムは、出だしのボーカルを最初に聴いた時はちょっと「う~ん…」と思ったけど、ジェフ・ベックのギターはやっぱりカッコいいです。 インストゥルメンタルの「帰らぬ愛」や、イントロが渋い「ハイウェイズ」、後の「哀しみの恋人達」を連想させる「ディフィニットリー・メイビー」など、紛れもない彼の音だなと思いますね。

この後ジェフ・ベックは念願のB.B.A.結成から「ブロウ・バイ・ブロウ」「ワイアード」へと続く独自のインストゥルメンタル路線へと舵を切るわけですが、ジェフ・ベック・グループ最後の作品は、ボーカルはあまり好みではないけど結構気に入ってます。


Jeff Beck GroupJEFF BECK GROUP
当時は知らなかったのですが、通称『オレンジ』。 名盤「ベック・オラ」のリンゴがグリーンだったので、そう呼ばれるようになったんでしょうか。  ジェフ・ベックらしいギターの音をあちこちで聴くことができます。

『悪魔のハイウェイ』 AC/DC 1979年

2017-11-01

Tag : AC/DC

AC/DC70年代最後のアルバムは、シンプルだけどスカスカではなく、無駄を削ぎ落とした感じですね。 その分彼らの持ち味が楽しめます。 今でもよく耳にする「ハイウェイ・トゥ・ヘル」始め、深く考えずに指先や足でリズムを取りながら聴くのがいいんじゃないでしょうか。

ボーカルのボン・スコットはアルバム発表の翌年に急死してしまいますが、クセのあるダミ声のブライアン・ジョンソンが加入したアルバム「バック・イン・ブラック」のメガヒットで、彼らは世界的な人気バンドになりました。

それから時が流れて30年以上。アンガス・ヤングは髪の毛が薄くなってきても平気で半ズボンでギターを弾きまくる、とにかくシンプルでハード。 ここが世界中のロックファンに支持される最大の理由で、一時のアンプラグド・ブームなど見向きもせず、まったく変わろうとしない、というか変わる気も必要もないんだろうけど、こういうところがAC/DCですね。


AC/DCHighway To Hell
角を生やしたアンガス・ヤングが握っているのは、悪魔の尻尾。 何か文句あるのか!とでも言いたげでロックしてますね。 シンプルな縦ノリロックンロールで、ボーカルの死を乗り越えてまもなく世界的ブレイクを果たします。 

映画「エイリアン・ネイション」

2017-10-15

僕はジェームズ・カーンという俳優がけっこう好きなんですが、彼が主演した異色作「エイリアン・ネイション」というSF映画があって、これがなかなか面白かったんです。

アメリカ映画によくある刑事のコンビものなんですが、ストーリー以外に記憶に残ったもうひとつの理由が、あのスコーピオンズの曲が主題歌に使われたことですね。

調べてみてもそれらしい情報は出てこなかったのでちょっと自信が無くなってきましたが、YouTubeにはちゃんと「Alien Nation」という曲がアップされているので、たぶんこれだったと思います。

血の気の多い「ゴッドファーザー」の長男坊、瀕死の仲間を治療しようとしない軍医に拳銃を突き付ける「遠すぎた橋」の軍曹、近未来の残酷なスポーツ「ローラーボール」のヒーロー、「シンデレラ・リバティー」の優しい水兵。 この映画でも最後には異星人の相棒を認めるシーンがあった・・・と思うんですが、彼の演じる主人公のそんなところがいいですね。


Alien Nationエイリアン・ネイション
いわゆるバディー物ですね。 普通じゃないのは、相棒が地球に定住したエイリアンだってことです。 男っぽいというか粗野な警官ジェームズ・カーンが気に喰わない異星人と組んで殺人事件の捜査にあたる、というストーリーです。 あまりヒットはしなかったみたいだけど、充分に面白かった記憶があります。

「愛を止めないで」オフコース 1979年

2017-10-01

「愛を止めないで」というちょっと気恥ずかしいタイトルも小田和正が歌えばそんなに違和感はないのですが、本人のインタビューで「昔はさんざん女々しいとか言われて・・・」とか愚痴をこぼしていたのを見たことがあって、まあ色々と葛藤もあったんでしょうね。

だけどあの声とメロディーがあるからこその小田和正でありオフコースで、そのへんのオッサンが「優しくしないで~♪」なんて歌いだしたら気持ちワルイ、とかダサい、とか言われてもこれは仕方がないか。

この曲の秀逸なところは、最後の"僕の人生がふたつに分かれてる そのひとつがまっすぐに・・・"という聴く人の想像力を掻き立て希望に火を灯す終わり方で、ここが最高ですね。

静かな始まりと終わりの間にエレキギターのソロも加えて、オフコースがデュオからバンドへとスタイルを変えてから生まれた、永く愛される歌だと思います。


オフコース「愛を止めないで」 オフコース
歌の内容とジャケットの黄色が合わないような気もしますが、シングルを紙ジャケット化しようという試みがいいなと思いますね。 ピアノの弾き語りから入るオープニングと、余韻を残して終わるエンディングが素晴らしい名曲です。

番外編 29. 淡路東宝閉館。

2017-09-02

Tag : 名画座

先日たまたま、学生時代を過ごした大阪淡路の商店街にあった淡路東宝が、今年5月に閉館したというニュースを見つけてしまいました。

確か「ダイナマイトどんどん」や「ミッドナイト・エクスプレス」を見に行った記憶があるのですが、アパートのすぐ近くに映画館があるとは恵まれた環境だったんだなと思います。

ここは1957年の開館、2017年の閉館ということで、御年60才。 僕と同学年だったんですね。 当時は2本立てで上映していたいわゆる名画座だったと思うのですが、これも定かではありません。 う~ん、どうだったかなあ?

ところで僕の地元には奇跡的に名画座が生き残っていて、そのうち行こうと思っているんですが、果たして2本立てに腰が耐えられるか? 無理かもしれないけど、先日シニア料金が適用されるのに気がついて嬉しいやら愕然とするやら。 まあ年を取ると失うものも得るものもあるということで、前向きに検討したいと思ってます。


昭和の東京 映画は名画座昭和の東京 映画は名画座
銀座の並木座や池袋の文芸坐に行ったことはあるものの、どの映画を見たのかはもう忘れてしまいました。 あの小ぢんまりとした空間が心地よくて懐かしいです。 シネマ・コンプレックスも悪くはないけど、やっぱり味気ないですね。 DVDだろうがダウンロードだろうが映画の楽しみ方は人それぞれだけど、昔ながらの喫茶店同様、名画座もなんとか生き残ってほしいなと思います。

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...