スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスの約束2016 小田和正

2016-12-24

Tag : 小田和正

今年はなかなか番組収録の情報が無くてどうなるのかなと思っていましたが、23日深夜に無事放送がありました。 今回のゲストは宇多田ヒカル。 これはTBSが前もってアナウンスしてしまったので、視聴者としてはちょっとワクワク感が削られてしまいましたが、観客のみなさんは喜んでましたね。

彼女の久しぶりのアルバム「Fantôme」は、評価が高いようです。 離婚や再婚・出産、それにお母さんのことなどプライベートでいろいろな経験をしたのがアーティストとしてはプラスになっているんでしょうか。

14か15で「Automatic」を書くくらいだから才能があるのは間違いないと思うんですが、歌っているところを見ているとやっぱり人を惹きつけるものを持っているなあと感じました。

小田和正が「Automatic」を難しい曲だと言ってましたが、井上陽水も他の番組で同じことを言ってました。 陽水はさらに彼女の事を「アウトサイダーなんじゃないか」と印象を伝えると、本人もそう感じていたらしいです。

他のメンバーはいつもと変わらずで、和田唱と小田和正がポール・マッカートニーのメドレーをやったのが嬉しかったです。 彼の物怖じしないところがレギュラーメンバーに「後から入ってきたくせに」なんて思われないといいんですけどね(笑)。

NHKの『SONGS』では吉田拓郎のライブをやってくれて、昨夜は楽しく過ごせました。 ボブ・ディランはノーベル文学賞を受賞するしミック・ジャガーには子供ができるし、元気なオジサン達を見ているとなんとなくこちらも元気が出てきます。


Carpentersあの日あの時
3枚組の大ボリュームでまたまた出ましたベスト盤。 収録曲を見るとこれもいいしあれもいいな、と思いますが、小田和正のアルバムは中身よりもジャケットのデザインが気になることがあります。 もうちょっとなんとかならないかなあ。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.7
スポンサーサイト

クリスマスの約束 2015 小田和正

2015-12-25

Tag : 小田和正

去年は観客を入れない中途半端な放送でしたが、今年はほぼいつものメンバーとゲストで復活です。 小田のソロ最初の曲は「なごり雪」のピアノ弾き語りでした。やっぱり彼には繊細な曲が似合いますね。

新鮮かつ懐かしくて良かったのがトライセラトップスの和田君(和田誠の息子だとは知らなかった)とのデュオで歌ったサイモンとガーファンクルの名曲「オールド・フレンズ」です。 わりと若いミュージシャンがこういう曲をやってくれると嬉しくなりますね。

おなじみ"委員会バンド"はいつも1曲めの選曲が絶妙で、今回はビートルズの「ハロー・グッバイ」。 やっぱりいいですねえ。 皆さん気持ち良さそうに歌ってました。

この番組の何がいいかというと小田和正の歌声が聴けるのはもちろん、過去のさまざまな名曲を新たなアレンジやコーラスで楽しめるところです。 彼も来年は69歳だしいつまで続くか分かりませんが、毎年同じ時期に楽しみなことがあるのはいいものですね。


everOFF COURSE BEST “ever”
解散して何年経ってもベストアルバムが出るのは人気と実力が為せる技。 またか、と思ってもちょっと聴いてみたくなる名曲揃いです。 今でも高い声は出るけど、小田和正の若い頃の声というのはびっくりするくらいハイトーンで綺麗です。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.7

クリスマスの約束 2014 小田和正

2014-12-26

昨年は小田和正がゲストの吉田拓郎を紹介したら会場が"うぉ~っ"とどよめいてなんだか気持ち良かったのですが、さて今年のゲストは... 。 オープニングはこれみんなで歌う曲かなと思った井上陽水の「最後のニュース」。 その後は予想外の過去のダイジェストで、これはこれで懐かしくやっぱりいい歌手がいい曲を歌うのはいいですね。

ソロで始まってゲストが登場するようになり、やがては大人数でノンストップメドレーを歌うという大胆な挑戦をして感動を呼び、それでも10回を超えるとどういう番組にしようかという迷いも出てくるんでしょうね。 僕らの世代からすると財津和夫や昨年の吉田拓郎なんかがゲストだと大変嬉しいけど、これまで小田が選んだ曲を聴いていると、若い世代からもいい曲はたくさん生まれているんだなと思います。

で、ゲストははっぴいえんど・YMOという伝説のバンドを経てあとは好きなことをやっている細野晴臣でした。 この人はアコースティック・ギターの名手でもあるのだと雑誌で読んだことがありますが、今回は1曲のみでさらりと流されてしまいました。 一般のお客さんも入れてなかったみたいだけど、どうしたんでしょうね。

結局一番楽しみなのはいつまでも衰えを見せない小田和正の歌声を聴くことで、普通は年とともに劣化していくものなんですけどねえ。 ここ何年かはメンバーがほぼ固定されているので、来年は15周年を記念して達郎&まりや夫妻をゲストに、なんてどうでしょう。


「We are」 Off Course「We are (紙ジャケット仕様)」オフコース
社会人最初の年に買ったアルバム。 悲しげな気怠い雰囲気のリード・ギターで始まる「時に愛は」始め各楽曲の出来栄えが素晴らしく、オフコースの最高傑作に推す人も多い名盤です。 ジャケットも印象的なレコードでした。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.6

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。