「孤独なランナー」 ジャクソン・ブラウン 1977年

2007-05-30

黒のストレートヘアーに端整だけどいかにもナイーブそうな顔立ちが、たぶん女心をくすぐるだろうジャクソン・ブラウンの名曲「孤独なランナー」は、映画「フォレスト・ガンプ」の中でも流れていました。 トム・ハンクス演じる、走ることに才能を持ったちょっと足りない青年が必死でアメリカの大地を駆け抜けるシーンですね。 曲名と違って映画の中の彼はけっして孤独ではありませんでしたが、アルバムのジャケットを見るとなるほど、と思えるタイトルです。

これがタイトルそのままの、ものすごい寂しい曲かというとそうでもなくて、なんだかちょっと切ないんだけど元気の出てくる不思議な曲です。 よく聴くと少しだけハスキーなジャクソン・ブラウンの歌声は、ナイーブで優しいだけではない内に秘めた力強さのようなものも感じさせてくれます。 なんかかっこいいなあ。

ランナーズ・ハイという言葉があるように、苦しいのを我慢して走っているとその苦痛を和らげるような脳の働きがあるんだそうで、個人的にはそうなるまで体験してみたいとは思いませんが、人が必死で走るシーンというのはそれだけで人を惹きつけるところがありますね。 彼女と自分自身の為にやる気を出して、夜明けの街を全力疾走するロッキーや、怪我をした息子を抱えて必死で走る「クレイマー・クレイマー」のダスティン・ホフマンもそうだったし、オムニバスの「ラン・ローラ・ラン」の主人公ローラも一生懸命走ってました。 「長距離ランナーの孤独」の主人公は確かゴールを目前にして走るのをやめてしまいましたが、記憶が確かだったかどうか、もう一度映画を見るか小説読んでみようかな。


孤独なランナー ジャクソン・ブラウン孤独なランナー ジャクソン・ブラウン
タイトルとジャケットがいい感じでマッチしてます。 物静かな男が最高のサポート・メンバーを得て、気持ち良さそうに歌ってるのがまた気持ちいい。 タイトル曲はちょっと胸がキュンとなるのに元気が出てきます。

「アメリカン・パイ」 ドン・マクリーン 1971年

2007-05-28

前回の「アローン・アゲイン」といつもセットで思い出すのがこの曲、ドン・マクリーンの「アメリカン・パイ」です。 洋楽に目覚めて一生懸命ラジオを聴いていた頃によく耳にした曲で、サビの部分のメロディが印象的だったのと、やたらと長~い曲だったのを覚えています。 ところが肝心の歌手の名前をこの回を書くまですっかり忘れていて、というか覚えてなくて、ネットで調べてああ、そういえばこんな名前だった!と感心した?次第です。

もう30年以上の前のことで記憶が定かではない分メロディーだけは強烈に頭の中に残っていて、受験勉強で無理やり覚えたことはすぐに忘れてしまっても、好きだったものは一部分だけでも鮮明に覚えているというのはなんか嬉しい。 音楽に関するブログを書いている人たちの中にはミュージシャンのことやアルバムのこと、使用した楽器や奏法まで事細かに知っている方が多くてなんだか羨ましくなりますが、僕は詳しいことは知らないけど当時の音楽が好きだというだけでこのブログを書き続ける力になっていますし、元気の源にもなっています。

70年代という時代が自分の青春時代と重なっていた幸福をラッキーと思わずにはいられませんが、その中の1ページに今回の「アメリカン・パイ」が含まれていることもまたラッキーだと思います。 長い歌なんだから長い物語があるのかと思ったらそうでもないようでちょっと抽象的な歌詞らしいですが、まあそんなの気にしない。 この曲が青春の思い出に残っているだけでもやっぱりラッキーです。


アメリカン・パイ ベスト・オブ・ドン・マクリーンアメリカン・パイ ベスト・オブ・ドン・マクリーン
曲名とメロディーは鮮明に覚えてるんですが、肝心の歌手の名前はすっかり忘れていました。 やたらと長い曲だったのも覚えていますが、70年代ならではの曲だなと思います。

「アローン・アゲイン」 ギルバート・オサリバン 1972年

2007-05-26

ゆったりとしたリズムにほっとするようなメロディー、伸びはあって綺麗だけどちょっとだけ鼻にかかったような歌声がやっぱりほっとするギルバート・オサリバンの最大のヒット曲「アローン・アゲイン」は、中学3年生という大人でもなければ子供でもない、中途半端な年齢の僕の心にちょっとだけひっかかって、それから年齢を重ねていくにつれだんだんと心に染みてくるようになりました。

今でもテレビなどでこの曲がかかっているのを聴くと、ああ、やっぱりいいなあと思います。 当時はどんな顔の歌手が歌っているかも知らなかったんですが、あらためてジャケットの写真を見ると、知的でナイーブそうな彼の顔と名曲「アローン・アゲイン」が違和感なく繋がっていきます。 この曲、なかなか終わりそうにないところが「岬めぐり」みたいだったし、ほんわかほのぼのとしたところが「あの素晴らしい愛をもう一度」みたいで、人の心を惹きつける歌には和洋問わず同じようなところがあるのかなと感じます。

ほかにも名曲はたくさんあるらしいんですが、僕はあいにくこの曲しか知りません。 それでも多感な時期にこういう名曲に出逢えたのは幸運だったと思います。 坊主頭の学生服と英語の歌ってなんだか相性が悪そうですが。 発表から30年以上たっても感動と感傷を呼び覚ます名曲、これぞエバー・グリーンという形容が相応しいと思いますが、みなさんはどうでしょうか?


ベスト・オブ・ギルバート・オサリバンベスト・オブ・ギルバート・オサリバン
この曲しか知らないけど、この曲だけでも充分。 永遠の名曲「アローン・アゲイン」は今でも人々の心に染みてきます。 なんとなくアメリカ人かと思ってたら、アイルランド出身のシンガー・ソングライターでした。

「ひとり咲き」 チャゲ&飛鳥 1979年

2007-05-25

今となっては懐かしいヤマハのポプコンで世に出たデュオ、チャゲ&飛鳥は僕と同じ福岡の出身で、しかも同い年です。 初のヒット・シングル「ひとり咲き」は、ドラマチックな展開に飛鳥の素晴らしい歌声とここぞという時のハモリでなかなか聴かせてくれる名曲でした。 これも福岡の恋の浦というところで開催された、南こうせつ主催のオールナイト・コンサートにシークレット・ゲストとして登場したのを生で観ましたが、やっぱり普通の人とは違うんだなあと思いました。

どっちが?というとチャゲには申し訳ないんですが飛鳥の方で、ステージで軽々とバク転をする運動神経の良さと、圧倒的な声量には度肝を抜かれました。 今からもう20年以上前の事ですが、真夏の夜に響き渡る彼らの歌声は会場を埋めたファンを感動させてくれました。 ちなみに武田鉄矢もゲストで出てきて、吉田拓郎のモノマネで「人間なんて」を熱唱してこれも大ウケで笑わせてくれました。 そういえば彼も福岡出身。

その後のチャゲ&飛鳥の活躍は皆さんご存知の通りで、いやあ、ビッグになっちゃいましたねえ。 ちょっとクセのある飛鳥のボーカルは独特な味を持っていて、やや鼻にかかりながらムァウォ~ンという感じでどこまでも伸びて行きます。 対するチャゲは身長でも顔でもちょっと飛鳥には負けていますが、確かな歌唱力とユーモラスなキャラクターを持っていて、やっぱり二人が組んだからこそ成功したんだと思います。 なんだかホール&オーツの日本版みたいですが、井上陽水やチューリップ同様、福岡が生んだ日本に誇るミュージシャンだと思います。


風舞 チャゲ&飛鳥風舞 チャゲ&飛鳥
フォークの枠からはみ出して活躍するようになったチャゲ&飛鳥の記念すべきファーストアルバム。 名曲「ひとり咲き」は残念ながら簡単には歌えません。 スローバラードには確かな歌唱力が必要ですね。

「順子」 長渕剛 1979年

2007-05-23

Tag : 長渕剛

最近はマッチョになっちゃって、あんなに突っ張らなくてもいいんじゃないの?と思うこともある長渕剛ですが、デビューの頃の彼は今とはずいぶん雰囲気が違ってました。 切ない恋心を歌った名曲「順子」は初期の大ヒットナンバーですが、「ロクなモンじゃねぇ~!」とステージで叫ぶその後の彼と同一人物の歌とは思えません。

次々と歌がヒットしてコンサートの規模もどんどん大きくなって行き、彼もプレッシャーに打ち克つために自らを鍛えようとしたんでしょうか。 客席を埋め尽くす大観衆を熱狂させるパワーはたいしたもんだと思いますし、ファンというよりも信者みたいな人達もたくさんいるくらいカリスマ的な人気を誇るようになったのはいいんだけど、アルバム「逆流」の写真を見てください。

いかにもナイーブそうなんだけどどこかに不満もありそうで、伝えたいこともたくさん持っていそうで、あのジャケットの彼が本来の姿じゃないのかと思えてきます。 人間の性格や本質なんてそうそう簡単に変わるものではないので、ムキムキでポジティブで、言いたいことを言ってやりたいようにやっているように見える彼も、鎧を脱ぎ捨てれば「順子」の頃のエネルギーを内に秘めた純朴な青年に戻っちゃうんじゃないでしょうか。


逆流 長渕剛逆流 長渕剛
このナイーブそうな若者を見よ。 これが彼本来の姿なんじゃないかと思います。 何であんなにツッパッてるのかと言いたくなったりもしますが、昔は心の叫びも今よりももっと素直で恥ずかしそうだったように思いますね。

「あの素晴しい愛をもう一度」 加藤和彦と北山修 1971年

2007-05-19

昨晩テレビで映画「パッチギ!」というのをやっていて、途中から見たんですが不覚にもクライマックスで泣きそうになってしまいました。 映画は映画館で見るものだと決めていたので、40代の前半くらいまではせっせと映画館通いをして、シートに身を沈めて暗がりの大スクリーンと大音響を楽しむのが常でしたが、いつのまにかあんなに好きだった映画館から足が遠のいてしまいました。 かといってDVDで映画を見る気もせず、こういうのも老化現象の一部なんでしょうか。

大ヒットした「パッチギ!」はご覧になった方も多いと思いますが、ここぞというシーンに流れる60年代の終わりから70年代の初めにかけてヒットした歌がまた効果的で、ラストシーンで流れるのが「あの素晴しい愛をもう一度」です。 映画の舞台が京都なので、当時関西で活躍したザ・フォーク・クルセダーズの歌がまたぴったり雰囲気にあってましたが、メンバーの中のふたり加藤と北山が歌ったこの曲は、熱く激しい時代の中にあってホンワカと心に染みるいかにも70年代のフォークソングです。

人の心の中にある素直な気持ちを引き出してくれるのがフォークソングのいいところだと思いますが、仕事や世の中に疲れているときに聞くと、こんなにいい疲労回復剤はないんじゃないだろか。 ユンケルより効くと思うよ、ほんとに。 同じく映画の中で主人公が在日の友人の葬儀の席から追い出されて、泣きながら愛用のギターを叩き壊して川に投げ込むシーンで流れた「悲しくてやりきれない」にもジ~ンときました。 出世作「ガキ帝国」も面白かったけど、なかなかやるなあ、井筒和幸。


フォーク・クルセダーズ・アンド・ゼンフォーク・クルセダーズ・アンド・ゼン
関西が生んだスーパーグループ。 いや、ただの学生バンドか。 それはともかく、彼らは胸に染みる数々の名曲を残してくれました。 フォークっていいよなあ...。

「ロクサーヌ」 ポリス 1978年

2007-05-16

Tag : ポリス

前回のBBAとはまたスタイルの違うロック・トリオが70年代の終わりに登場しました。 後に映画でも俳優として活躍するスティングのボーカルがかっこよかったポリスです。 デビューアルバムからヒットした「ロクサーヌ」はシンプルで余計な音を省いた、ラフなんだか研ぎ澄まされているんだか、どちらともとれる演奏にスティングのちょっと枯れたようなハスキーな声がよくマッチして、心に染み入るものがありました。

ちょうどハードロックの全盛期が終わりに近づき、パンクやAORといった音楽が世の中に広まりだした頃のデビューで、ポリスもニューウェイブみたいな扱いをされていたような記憶があります。 それにメンバーの3人とも男前だったものですから、アルバムジャケットには常に3人が大写しになってました。 そりゃレコード会社だってレコード売りたいですからね。

ロック・トリオといえばメンバーのテクニックを前面に押し出して熱い演奏を繰り広げるというのが従来のスタイルだったのが、彼らの場合はレゲエのリズムを取り入れたり、どちらかといえば控えめな演奏だったのがかえって個性的だったし、やはりバンドのフロントマンがスティングだったというのが大きいと思います。 なんだか悲しげにも聞こえるボーカルと、見た目ちょっと不良っぽいけどインテリジェンスを感じさせるところがあって、そこがやはり人気のもとだっだんじゃないでしょうか。 事実教師の経験もあるインテリで、ちょっと鬱な気配も漂わせているところがやっぱりかっこいい。 ほぼ同年代として憧れるところもありますね。


アウトランドス・ダムール ポリスアウトランドス・ダムール ポリス
若き日のスティング、なんてかっこいいんでしょう。 少し枯れた声で悲しそうに、叫ぶように歌う「ロクサーヌ」は心にグッときましたね。 インテリジェンスと寂しさが同居しているのが彼の素敵なところです。

「レディー」 ベック・ボガート&アピス 1973年

2007-05-13

天才肌、と言うか天才ギタリストジェフ・ベックが数々のグループを作っちゃあ解散し、メンバーを入れ替えとやっているうちにたどり着いたのが、最強のロック・トリオBBAことベック・ボガート&アピスです。 クラプトンのようなどちらかというと基本に忠実な端正なギターではなくて、どこをどうやったらあんな音が出るのかという弾き方をするジェフ・ベックの気に入るメンバーがなかなか出てこなくて、次から次へといろんなミュージシャンを引っ張り込んでは自分の納得のいく音を探してたんでしょうか。

ブンブン唸るティム・ボガートのベースにドロロロっと雷のようなカーマイン・アピスのドラムス、これにジェフ・ベックの変幻自在のギターが加わればもう怖いものなしです。 唯一ボーカルが演奏に比べると弱いなんて言われることもあったようですが、そんなのどうでもいいくらい凄かったんです。 スティービー・ワンダーでおなじみの「スーパースティーション」を見事にロックにしてみせてくれたし、なんと言っても「レディー」の緊迫感といったらなかったですよ、ほんと。

ギター・ベース・ドラムスという最小編成のバンドでこれだけ緊張感を持って聴くものを引き付けるのはもちろん各メンバーの優れたテクニックがあってこそだと思いますが、ギターを追いかけるように始まるベースにドラムスが加わって腕利き3人がここぞとばかりに腕前を発揮してくれる「レディー」は、熱く燃えていた70年代のロックの真髄を見せつけてくれます。 あれでも完璧なテイクではなかったようですが、いやあ、プロって凄いよなあと思わせてくれる1曲です。


ベック・ボガート&アピス ベック・ボガート&アピス
70年代最強のロック・トリオだったと信じてます。 ボーカルがどうのこうのと言われてましたが、そんなのどうでもよくなる個性のぶつかり合い。 かっこよかったなあ。 ジャパン・ライブもオススメです。

「いとしのレイラ」 デレク&ザ・ドミノス 1970年

2007-05-10

若い頃からずば抜けて才能があると、世の中に出るのが早い分苦労することも多いようで、伝説のバンド、クリームで活躍したエリック・クラプトンは20代の頃から酒やクスリに走って苦悩の時期を過ごしたみたいです。 そんな彼がアメリカへ渡って名ギタリストデュアン・オールマンと出会い、夢みたいな傑作アルバムを生み出しました。 70年代の初頭を飾る名盤、「いとしのレイラ」です。

二人の天才ギタリストはギターで語り合い、燃え上がり、タイトル曲「いとしのレイラ」をはじめ数々の名曲の中で楽しそうに、また熱くセッションを繰り広げ、聴くものを惹きつけます。 もしも自分に思いのままにギターを弾ける腕前があって、演奏で仲間と会話やバトルが出来たらどんなに素晴らしいかと思いますが、そんなのムリ。 でも本物のプロのミュージシャンにはそれが可能なんですねえ。

このアルバムではクラプトンのボーカルもたっぷりと堪能できますが、クリームの頃はひたすらインプロバイゼーションというか延々と熱くギターを弾き続ける印象があったのが、渋くて素敵な歌声を聴かせてくれます。 70年代という熱い時代の始まりに歴史的名盤を残し、残念ながら相方のデュアン・オールマンは事故で亡くなってしまいますが、クラプトンはその後も波はあるものの活躍を続け、日本にも何度も来ています。 僕も学生の頃に一度だけライブに行った事がありますが、ブルース・メドレーとラストの「いとしのレイラ」のなんとかっこよかったことか。 その彼もいい加減年を取ってきたので、マイペースで活動を続けてくれればそれでいいと思いますね。


いとしのレイラ デレク&ザ・ドミノス いとしのレイラ デレク&ザ・ドミノス
人生もそうだけど、ミュージシャンにも出逢いは大切。 二人の天才ギタリストの出逢いが歴史に残る名盤を生み出しました。 何年たっても久しぶりに聴くと感動します。

「なみだの操」 殿さまキングス 1973年

2007-05-06

Tag : 殿さまキングス

今回も兄弟デュオのことを書こうと思って「ぴんから兄弟」を調べていたら懐かしい殿さまキングスが出てきて、ボーカルの宮路おさむがコブシを効かせて「ビューティフル・サンデー」を歌っているのをテレビで見て大爆笑したのを思い出したので、こっちにします。 だいたいコミックバンドが演歌で大ヒットを飛ばすなんていうのは、今ではとても考えられません。 コミックバンドそのものが少なくなってきたというのもありますけど。

そもそもメンバーの皆さんは歌手やミュージシャンになりたかったのか、先日亡くなった植木等のクレージー・キャッツのように、プロのミュージシャンがお笑いもやってみたかったという事なんでしょうか。 ドリフターズだって元々はバンドなんですから。 そもそもお笑いのセンスのある人達はだいたい器用で、音楽をやっている人達はユーモアがあったりします。 クールなジャズもかっこいいけど、テレビや映画で皆を笑わせてくれる男達が実は歌や演奏も達者で・・・う~ん、こっちの方がもっとかっこいいような気もする。

「なみだの操」は、演歌などに見向きもしなかった当時高校生の僕を強引に振り向かせるようなところがあって、ちょっとダミ声で歌うカエルのような顔をしたおっさんはインパクトがありました。 30歳を過ぎた頃から演歌もちょっといいもんだなと思うようになりましたが、考えてみれば小学生の頃は今の「ムーディ勝山」みたいなムード歌謡の全盛期だったし、日本の心とも言える演歌が違和感なく耳に入るようになってきたのは、いわゆる刷り込み現象が小さい頃にあったからかもしれません。


なみだの操 殿さまキングスなみだの操 殿さまキングス
歌って演奏して笑わせる実力派コミックバンド、昔はこういう人達がたくさんいました。 「殿キン」はボーカルの宮路おさむの実力とキャラクターに100点。

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...