「せんこう花火」 よしだたくろう 1972年

2008-07-27

真夏の夜空に華麗な大輪の花を咲かせる花火大会の季節がやってまいりましたが、熱帯夜に打ち上げ花火を乱射して近隣住民の皆さんに迷惑をかける輩もいて、これはもう風情もへったくれもありません。 夏の風物詩に欠かせない花火にもいろいろあって、一番日本人の心情にぴったりくるのはチリチリと小さな火花を飛ばした挙句、ポテッと赤い玉が落ちておしまいの線香花火じゃないでしょうか。 儚く散ってしまう春の桜と同じで、なんだか切なくなるところが共通してます。

ここ何年か体調不良で、復活したかと思ったらまた休んだりでファンに心配をかけている吉田拓郎は、72年に傑作「元気です。」を発表してその人気を不動のものにしました。 初期のビートルズみたいにほぼ全曲シングルカットOKと言いたくなる名曲テンコ盛りのアルバムの中に、この季節になると聴きたくなる「せんこう花火」も収められています。 ほんものの線香花火と同じく短い曲ですが、若い時にありがちな孤独な心情を歌ってなんだかふっと立ち止まりたくなるような、そんな歌ですね。

学生の頃はあんなに好きだった拓郎を社会人になってからピタッと聴かなくなってしまったのは、彼がつまらなくなったからではなくて、はっきりと時代が変わってきたからだと今は思います。 早口で字余りの語りかけるような拓郎の歌は、ノリが良くて軽薄な80年代には如何にも不似合いでした。 ステージでの巧みなMCや深夜ラジオでのDJなど喋るミュージシャンであること、ミュージシャンが他のミュージシャンをプロデュースすること、ミュージシャンが自らのレコード会社を立ち上げたこと、大規模な野外コンサートを開催したことなど、吉田拓郎は70年代にこそ輝いていた男だと思います。

素朴で熱かった70年代にしか生きることができなかったのか、本人にそんなこと言ったらきっと怒るでしょうが、生ギターとハーモニカだけであれだけ多くの若者の心を揺さぶることができたのはあの時代だったからこそ出来たことだと思います。 このブログを始めたのも2006年のつま恋コンサートがきっかけでしたが、第1回で「人間なんて」を取り上げて以来ひさびさに吉田拓郎の曲について書きました。 ちなみに僕はどちらも大好きなんですが陽水か拓郎かといえばたくろう派、ジョンかポールかといえばポール派です。


元気です。 よしだたくろう元気です。 よしだたくろう
「春だったね」から「夏休み」「旅の宿」「祭りのあと」へとアルバムの中を季節が駆け抜けてゆきます。 よしだたくろうの絶頂期、名曲満載の名盤です。 70年代は彼がもっとも生き生きしていた時代でしたね。

「ロコ・モーション」 グランド・ファンク 1974年

2008-07-22

若い頃はガリガリに痩せているのがコンプレックスで(ジーパンのサイズが27インチ)、ロックの野外コンサートで上半身裸になって飛び跳ねるのが夢だったんですが、とてもそんな事をする勇気もなく今に至ってしまいました。 今回のグランド・ファンクはそんなヒョロヒョロの僕とは真逆の典型的な体育会系、いや肉体派のまさにアメリカン・バンド、パワフルな轟音ライブがロック好きを惹きつける当時のアメリカを代表する最高のロック・バンドでした。

その彼らが意外にもキャロル・キングのヒット曲「ロコ・モーション」をカバーしたらこれが全米No.1ヒット。 他のアルバムでカバーしているストーンズなら分かるんだけど、この曲をチョイスしたのは名プロデューサーのトッド・ラングレンのアイデアだったのかもと思うんですがどうでしょう。 案外ライブで演奏したら単純に盛り上がれそうだなと思えるこの曲を、YouTubeで見るマーク・ファーナーは長髪にムキムキの上半身裸で、野太い伸びのある声で気持ち良さそうに歌ってました。 こういうところがまた憎めないというかカッコイイというか、グランド・ファンクらしいですよね。

森高千里が何という曲だったか「♪ オレは10回ストーンズ見に行ったぜ」と自慢するロックオヤジを皮肉ったのには笑いましたが、青春時代にロックに夢中になった身としてはライブに行った思い出を若い娘に軽くいなされたりしたら立場がありません。 そういう僕もライブで裸になったり、タンクトップを着て自慢げに歩いてる奴を見ると、「どうせ脳ミソも筋肉だろう」とか若い頃は悔しさ半分で思ってましたが、今では腹回りもかなりサイズアップして、これはこれで裸になりづらくなってしまいました。 俺の顔や体に見た目で判断できそうな人生は刻まれているか?と思う今日この頃です。


輝くグランド・ファンク グランド・ファンク輝くグランド・ファンク グランド・ファンク
発売当初はいわゆる飛び出すアルバムだったのだそうです。 なるほどそれでこういうデザインなんですね。 ストレートでシンプル、豪快なアメリカン・ハードロックを楽しもう。

「ライフズ・ビーン・グッド」 ジョー・ウォルシュ 1978年

2008-07-15

ジョー・ウォルシュがアメリカの大統領選に出馬しようとしたというのはこのブログを書き始めてから知ったことなんですが、なんだか納得いってしまうのがこの男の人徳?なんでしょうか。 本気なんだか冗談なんだか、ドクター中松みたい。 イーグルス加入以前の彼のことは不本意ながらまったく知らなくて、名盤「ホテル・カリフォルニア」でちょっとギャリギャリした音のハードなギターを弾くヤツだな、という感想でした。 このギターの音こそが彼の個性のひとつでもある訳ですよね。

なんとなくユーモラスでセンスのいいジャケットからして爽快かつ人を喰ったような雰囲気のある名盤「ロスからの蒼い風」の最後を飾る彼の代表曲「ライフズ・ビーン・グッド」は、ロック好きのハートをギュッと掴むハードなギターのリフから一転して気持ちのいいカッティングへ、そこからさらにガラッと雰囲気を変えてレゲエ調に転ずるところが彼の掴み所のない個性を象徴しているようで面白い。 ステージでこの曲を演奏すればまさに観客は彼のプレイに釘付け、天上天下唯我独尊は言い過ぎか、あまり周りを気にしてなさそうなところがいいですね。

個性的なのは外観も同様で、酔っ払うと真っ赤になりそうな独特の形をした鼻と、ヒゲの似合う男らしい風貌がまた素敵です。 ちなみにあの鼻の形は名優ウォルター・マッソーに似ていますね。 彼はロックの全盛期が終わろうとしていた70年代の後半、ほぼ成熟していたイーグルスに新しい風を吹き込んだものの、バンドは急速に終焉へと向かいます。 ひょっとしたら彼もイーグルスのオリジナルのメンバーたちも閉塞感を感じていたのか、ジョーのソロ・アルバムで吹っ切れたようなウェストコースト・ロックを聞かせてくれました。 思うに彼の変に内に篭らない性格が、仲間にとってのオアシスみたいな存在だったのかもしれませんね。


ロスからの蒼い風 ジョー・ウォルシュロスからの蒼い風 ジョー・ウォルシュ
このアルバムを取り上げるのは2回目ですが、ちょっと悲しげな雰囲気もあった「ホテル・カリフォルニア」とは違って、ジョー・ウォルシュらしい気楽なアメリカン・ロックが爽快です。

「バンド・オン・ザ・ラン」 ポール・マッカートニー&ウィングス 1973年

2008-07-10

あまりにもビートルズの存在が巨大すぎて、その中心メンバーだったにもかかわらずソロになってからの評価が芳しくなかったポール・マッカートニーですが、ウィングスを結成してから2枚目の「レッド・ローズ・スピードウェイ」と、彼らのベスト・アルバムの呼び声も高い「バンド・オン・ザ・ラン」で立て続けにヒットを飛ばしてファンを喜ばせてくれました。 もともとライブが大好きなはずのポールは、やっぱりバンドを組んでベースとボーカルを担当する、というスタイルが一番しっくりきます。

作詞・作曲はもちろん、ベースとボーカルだけではなくギター・ピアノ・ドラムスなどなんでも器用にこなしてしまうポールは、ひとりでアルバムを作ってしまおうと思えば出来てしまいます。 だけどジョージと一緒に首を振りながらバック・コーラスを付けたり、ジョンと交互にボーカルを取ったりするのは、何ものにも代えがたい快感があったんじゃないでしょうか。 ビートルズのメンバーとしてレコーディング技術の発達と共にロック・ポップス界に革命を起こしてきた彼は、ウィングスを結成したことでバンドの原点に帰る事ができたんだと思います。

リンダという公私共に良きパートナーを得たポールは、残念ながら彼女が癌で亡くなってしまった4年後に再婚して、これがまた巨額の離婚訴訟へと発展してしまいます。 外国の裁判で出てくる金額はおよそ僕たちには理解しがたいものがあって、50億円近い金額ってそんなにもらってどうすんの?と思うのは庶民のやっかみか。 曲によって様々な歌い方をするポールは、アルバムのタイトル曲「バンド・オン・ザ・ラン」のサビに入る前の部分で気持ちよくシャウトして、「I've Got A Feeling」みたいな心地よさを感じさせてくれます。 訴訟沙汰に巻き込まれるのはスーパースターの宿命かもしれませんが、音楽だけに専念できたらいいのにね。


バンド・オン・ザ・ラン ポール・マッカートニー&ウィングスバンド・オン・ザ・ラン ポール・マッカートニー&ウィングス
懐かしい"電撃フリント"や"ドラキュラ"が登場するジャケットがいいですね。 稀代のメロディー・メイカー兼エンターテナーのポール・マッカートニーが本領を発揮した名盤。

番外編その3.SF小説の愉楽

2008-07-03

Tag :

先日文庫本で上・中・下巻の3冊、ドイツのフランク・シェッツィングという人が書いたSF小説「深海のYrr(イール)」を読んでみました。 ノルウェー海でメタンハイドレード層を掘り続ける新種のゴカイが発見され、カナダ西岸ではクジラやオルカの群れが人を襲い、世界各地の海でも次々と異変が・・・という導入部でこの先どうなるのかとワクワクさせてくれました。 音楽でも小説でも、特にSFはイントロが大事です。 とりわけプロローグの描写は秀逸でしたが、ちょっと極端な性格のアメリカ軍の偉い人が登場するあたりは多少映画化を意識したんでしょうか。 それでも連日深夜まで本を読んだのは久しぶりで、なかなか面白い小説でした。

小学生の頃からSF小説が大好きで最初はジュール・ベルヌやH.G.ウェルズから、中学に上がると巨匠ハインラインのタイム・トラベルものの名作「夏への扉」や、ターザンで有名なバロウズの血湧き肉躍る冒険譚「火星シリーズ」、それからスペース・オペラの傑作E.E.スミスの「レンズマン・シリーズ」などを読みあさって、もう止まらなくなってきました。 さらに学年一の秀才だったクラスメートから「これ面白いから読め」と薦められた小松左京の短編集「地球になった男」を読んでこれも夢中になってしまい、和洋問わずセンス・オブ・ワンダーの世界に日夜想像を巡らせることになりました。

小松左京を教えてくれたK君は県下でも有数の進学校に進んだものの2年の時に事故であっさり亡くなってしまい、人生って儚いものだなあと思いましたが、今でも彼のことを時々思い出します。 さて、SF小説ほど映像化にふさわしいものはなくて、先に挙げたウェルズだけでも「タイム・マシン」「モロー博士の島」「宇宙戦争」「透明人間」と、いずれも複数回映画化されています。 ハーバード卒で医学の博士号を持つヒット・メーカー、マイクル・クライトン(なんと身長206センチ!)の「タイムライン」「ジュラシック・パーク」「失われた黄金都市」「アンドロメダ病原体」など、SFを映画化するためにCGは進化してきたかのようです。

かたや日本では重鎮小松左京の「日本沈没」「復活の日」、それから役者もやる筒井康隆の「時をかける少女」あたりがヒットしましたね。 小松は日本人を難民にする為にわざわざ日本を沈めたんですが、長編・短編共アイデアの豊富さでは他を圧倒するところがあります。 小学生の頃に知能指数が180近くあって親があわてたという筒井は、SFではありませんが風呂の排水口に睾丸が吸い込まれて抜けなくなった男の悲喜劇を描いて爆笑させてくれました。 ああ、本当に早川書房や東京創元社にはお世話になったなあ。 最近はめっきり読書量が減ってしまいましたが、SFに限らずぼちぼち新しい傑作を探してみようかという気持ちがちょっと出てきたところです。 


星を継ぐもの J.P.ホーガン星を継ぐもの J.P.ホーガン
月面で死後5万年を経過した深紅の宇宙服をまとった死体が発見された・・・。 最後に静かな感動を呼ぶ壮大なスケールのSFミステリー。 文句なしで社会人になってから読んだSFのベスト。

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...