「横須賀ストーリー」 山口百恵 1976年

2009-01-31

Tag : 山口百恵

横須賀には行ったことがないので地図を見てみると、東京湾を守るように突き出した三浦半島の東側に位置する港町で、東京からもけっこう時間が掛かるんですね。 浦賀沖にペリーの黒船が来航して以来幕府もこれはマズイということで、海軍の増強を図るため横須賀に製鉄所(後の横須賀海軍工廠)を造って、それ以来軍都として発展したのだそうです。 終戦後は在日米軍横須賀基地ができて、現在も自衛隊と共に市内のかなりのスペースを占めていますね。

同じく米軍基地がある佐世保には行ったことがあるんですが、横須賀同様背後に山が迫る地形の中、一番便利な場所にベースがあり、町の規模の割に消防署がデカイのは有事に備えてのことかと思ったりもしました。 前置きが長くなりましたが何が言いたいのかというと、港町でしかも基地の町でもあるヨコスカには、外国や異文化に接する独特の空気が流れているんじゃないかと思ったんです。 坂道が多いこともあって、名曲が生まれる舞台にはぴったりなんじゃないかと。

山口百恵が小・中学校時代を過ごしたのが他ならぬこの横須賀で、大ヒットした「横須賀ストーリー」の歌詞の中に "急な坂道駆け上ったら 今も海が見えるのでしょうか" というところがありますが、これはまさに彼女が目にしていた風景なんでしょうね。 この歌は作詞・作曲の阿木耀子と宇崎竜堂にとっても転機となった記念すべき曲で、宇崎は「この曲を彼女に提供したことでプロの作曲家として活動する覚悟ができた」と語っていますし、阿木も「この曲がなければ作詞家にはなっていなかった」そうです。

その後阿木・宇崎のコンビが生み出した名曲の数々は山口百恵を別格の存在へと押し上げるのに貢献し、感動的な「さよならの向こう側」へと繋がってゆきます。 「横須賀ストーリー」は切ない女心を吐き出すようで印象的な "これっきり これっきり" というサビの部分が曲の冒頭にきますが、これを提案したのは阿木で、彼女が先に書いた詩に宇崎があとから曲をあっという間につけたそうです。 ふたりに才能があったのはもちろんですが、いい歌を書かせたのは唯一無二の孤高のアイドル、百恵の個性だったのかもしれませんね。


GOLDEN☆BEST/PLAYBACK MOMOE part2GOLDEN☆BEST/PLAYBACK MOMOE part2
もはや伝説と化した昭和のアイドル山口百恵。 あらためていい曲に恵まれた人だなあと思います。 14才のデビューから21才の早すぎる引退まで、代表曲を網羅したベスト。

番外編その7. 「今夜、すべてのバーで」 中島らも

2009-01-25

Tag :

2004年に酔っぱらったあげく、階段から転げ落ちて頭を打って死んでしまった中島らもの小説「今夜、すべてのバーで」を読んでみました。 彼の本はかなり前に短編集「人体模型の夜」を読んで以来で、なかなか面白いなとは思ったけどそれっきりになっていました。 高校時代の友人が「ガダラの豚」が面白いぞと教えてくれていたのでそのうちと思ってたんですが、本屋で文庫本の棚をあさっているうちにたまたまタイトルに惹かれてようやく中島らもに再会したわけです。

歯科医の息子の中島らもは誰もがその名を知る兵庫県内の進学校に入学したものの、酒やクスリやロックにうつつを抜かして落ちこぼれてしまったそうで、未成年のくせになんと自分の欲望に正直な。 既にこの頃から彼の将来や最後を予感させるものはありますね。 その後浪人して大阪の大学へ入学し、卒業してからは印刷会社や広告代理店を経てロックバンド、作家、劇団、そして相変わらず酒とクスリに溺れる生活を送っていたとか。

そんな彼が自らの体験を元に書いて第13回吉川栄治文学賞新人賞を受賞したのが「今夜、すべてのバーで」という小説です。 主人公の小島容(いるる)がアルコール中毒で入院した病院での出来事を描いた内容には経験したものにしか分からないリアリティーがあって、それだけでも充分興味深いものがあります。 酒の飲み方にも色々とあって、会社帰りに同僚と軽く引っかける一杯もあれば久しぶりに会った友人とブランクを埋めるように飲む酒もあり、毎日の食事と共に楽しむ酒もありで、楽しいか否かはその都度状況にもよりますね。

酔っぱらっている間は嫌なことも忘れられるので、仕事や人生がうまくいかなくなったときのヤケ酒に近い酒は僕も経験があります。 自分で「ああ、俺は大丈夫か?」と思うくらい飲んでしまう事もあって、確かにアルコールには良くも悪くも薬のような効き目がありますね。 ライターを生業とする小島はアル中に関する文献を読み漁り、このままでは恐ろしい状況に陥ることも承知しながら妙に現実を客観視しつつ飲み続けるところがあって、まことにインテリのアル中は始末が悪い。

破滅一歩手前の彼のまわりにはアル中を治療しながらも実は自らが酒乱の医者や病院の薬用アルコールを飲む先輩のアル中、幼い頃から病弱で、ついには早世してしまう繊細な少年、それから自暴自棄な人生を送ったあげく死んでしまった友人とその妹などがいて、それぞれの人物描写がなかなか読ませてくれます。 そして物語の最後は希望の光が感じられるハッピー・エンドとなっていて、救いようのないお話ではないところに爽やかな読後感があります。 この本、もう少し早く読んどけばよかった。


今夜、すべてのバーで今夜、すべてのバーで
文庫本の表紙はもう少しヒネリを効かせて欲しかったと思いますが、中身は充分面白かった。 何と言ってもこのタイトルが素敵じゃないですか。 自分の欲求に正直になると、とんでもない世界が見えるんですね。

「あなたならどうする」 いしだあゆみ 1970年

2009-01-19

Tag : いしだあゆみ

小学生の時に叔父が運転する車の助手席で、当時流行っていた「ブルー・ライト・ヨコハマ」を歌っていたら叔父が笑っていたのを思い出したので、今回は昭和歌謡に大きな足跡を残したいしだあゆみです。 さっそくYouTubeで彼女の映像を探していたら70年代に入ってすぐにヒットした「あなたならどうする」の素敵なビデオがありました。 作詞はいしだあゆみの妹のご主人でもあるなかにし礼、作曲は「ブルー・ライト・ヨコハマ」も手がけた筒美京平の両巨頭で、いやあ、やっぱりいいですねえ。
 
ちょっと投げやりなというか突き放したような歌い方をする、あまりヴィブラートをかけない彼女の声が筒美のいかにも歌謡曲らしい流麗なメロディーに乗って流れてくると、こんな時は日本人で良かったと思えてきます。 強烈なのはなかにしの歌詞で、捨てられた女の悲しい気持ちをこれでもかと言わんばかりにリアルに書いてます。 だけど恨み節ともいえる内容を最後に「あなたならどうする」と問いかけることで、聞く人がつらい気持ちを共有できるようになってるんですね。 更に彼女のような美しい人がヒドイめにあっていることでテレビの前で歌を聞く人たちはカワイソーとか、綺麗なのにねえ、とかいう優越感のようなものを感じることができるのかもしれません。

いしだあゆみは元々フィギュア・スケートの選手だったのをスカウトされて芸能界入りしたのだそうで、スケートだけではなく歌と演技の才能にも秀でていたのが素晴らしい。 77年の映画「青春の門~自立編」で演じたインテリ娼婦のカオル役も良かったし、こういうタイプの歌手って最近はいませんよね。 さて、「あなたならどうする」のサビの部分に「泣くの歩くの 死んじゃうの」というところがありますがどうですか、このセンス。 泣きながら歩くのなら情景が目に浮かぶような気もしますが、さすがは直木賞も受賞したなかにし礼、あたりまえな歌詞は書きませんね。 懐かしの昭和歌謡は歌手と作家たちがうまく絡み合って様々な世界が生まれた、幸せな時代の産物だと思います。


いしだあゆみ・しんぐるこれくしょんいしだあゆみ・しんぐるこれくしょん
「ブルー・ライト・ヨコハマ」を始め、個性的な歌声は昭和歌謡界において独特の存在感を放ちました。 もうこんな歌手は出てこないんだろうなと思うと、余計に懐かしくなりますね。

「いとしのレイラ」 デレク&ザ・ドミノス 1970年

2009-01-12

前回取り上げたジェフ・ベックとエリック・クラプトンの来日がたまたま重なるからというので、来月ギターの名手ふたりの共演が日本で実現することになったそうです。 いったいどんなステージになるのか楽しみですが、お互いベテランなのでリラックスしたムードになるんじゃないでしょうか。 白熱のギター・バトルを期待するよりも、同じステージに彼らが立つことを楽しめばいいんだろうと思います。

エリック・クラプトンがクリームとブラインド・フェイスを経ていいかげん疲れた頃に出会ったのがアメリカ南部のミュージシャン達で、その中にはオールマン・ブラザーズ・バンドのデュアン・オールマンもいました。 当時クラプトンは25才、オールマンは24才、既に名演の数々を残していたふたりはまだこんなに若かったんですね。 70年に発表された名盤「いとしのレイラ」でのクラプトンはギターはもちろんボーカルにも冴えを見せてくれました。 スライド・ギターの名手にギターを任せてもいいや、という気持ちもあったのかもしれません。

有名なイントロから始まる「いとしのレイラ」は、(ああ、俺は友達の嫁さんを好きになっちまった・・・!)という切なく苦しい胸の内をぶちまけたような激しい前半から一転してこれはいかなる心境の変化か、後半のピアノが美しいインストゥルメンタル・パートへと続きます。 7分あまりの長い曲ですが、実際は後半のパートの方が少し長いんですよね。 実は彼女の気持ちが自分の方へ傾いてきてたのが分かってたりして。 ジョージも人がいいというのか、奥さんを取られたにもかかわらずその後も友情が続いたのはやっぱり彼の人柄なんでしょうか。

その後「いとしのレイラ」はエリック・クラプトンの代名詞のような曲になって、ライブでもこれをやらなきゃファンは満足しないようなところがあるのかもしれません。 僕も一度だけ大阪でライブを見たことがあるんですが、やっぱりアンコールはこの曲でした。 もちろん客席は盛り上がりましたが、ミュージシャンの中には同じ曲ばかり演奏するのはウンザリだという人もいるかと思います。 それでも現在に至るまでレイラを何度も歌うのは、この曲に対する彼の思い入れが感じられるような気がしてます。


いとしのレイラ デレク&ザ・ドミノスいとしのレイラ デレク&ザ・ドミノス
前衛芸術風?の印象的なジャケットと名曲の数々で、エリック・クラプトンの代表作としてロック史に燦然と輝く名盤。 デュアン・オールマンはじめパートナーにも恵まれました。

「蒼き風」 ジェフ・ベック 1976年

2009-01-04

新年に相応しい曲ってあるのかというと宮城道雄の「春の海」がすぐ頭に浮かびますが、当ブログのテーマには若干そぐわないので、初めてジャケットを見たときにそのカッコ良さに痺れたジェフ・ベックの名盤「ワイアード」から「蒼き風(Blue Wind)」を選んでみました。 ロック・インストゥルメンタルの傑作「ブロウ・バイ・ブロウ」に続くこのアルバムは、彼のキャリアを代表する1枚ですね。

ジャケット写真が青のイメージなのはアルバム中の名曲「Blue Wind」からきているのかどうか定かではありませんが、とにかくカッコイイ。 縦横無尽にギターを弾きまくる天才ジェフ・ベックを象徴するような出来映えです。 孤高の天才と呼ばれるこの男はジェフ・ベック・グループでロッド・スチュアートという名ボーカリストを得てハードロックの古典とも言うべき名作を発表し、B.B.A.ではスリーピースの最小編成で極限のライブを披露し、このアルバムでは前作に続いて更に新たな地平を開拓したわけです。

お馴染みジョージ・マーティンのプロデュースのもと、ヤン・ハマーやナラダ・マイケル・ウォルデンという尖った才能と共に緊張感溢れる演奏を展開するジェフ・ベックはまさにギターを弾くために生まれてきたような男で、自分の追求する音を求めて過去から現在に至るまで様々なミュージシャン達と多くの名盤を生み出してきました。 その彼が来月にはまだ23才の美人ベーシスト、タルちゃんことタル・ウィルケンフェルドを従え日本へやってきます。

最新アルバムではビートルズの名曲中の名曲「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」をカバーして新鮮な驚きを与えてくれたジェフ・ベックは、今度の来日公演ではどんなステージを見せてくれるんでしょうか。 いくつになっても新しい才能を求め貪欲に自分の世界を極めてゆく彼のプレイは、一度でもエレキギターを弾いたことのあるものにとって驚嘆と憧れの対象であるのは間違いないと思います。


ワイアード ジェフ・ベックワイアード ジェフ・ベック
衝撃的な前作「ブロウ・バイ・ブロウ」の路線を更に推し進めて歴史に残る傑作ができあがりました。 ヤン・ハマーの参加が良い結果を生みましたね。 ジャケットも個人的ベスト10に入るくらいのカッコ良さ。

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...