「移民の歌」 レッド・ツェッペリン 1970年

2009-06-25

三沢光晴が亡くなってからもう2週間、ほんとにプロレスラーって命がけの仕事ですよね。 大流血で顔面真っ赤っかになってもK1みたいに簡単にレフェリー・ストップがかかることはなく、彼らは危険な技を掛けるためというよりは、受けるために肉体を鍛えているんじゃないかと思えます。 僕が初めてテレビでプロレスを見たのはまだ白黒の時代(!)で、グレート草津やサンダー杉山が活躍していた頃です。 知らない方も多いかと思いますが。

それから時は流れて70年代後半、後にタッグを組むスタン・ハンセンと同じくアメフト出身の超獣ブルーザー・ブロディは、登場するだけで会場が盛り上がる人気プロレスラーでした。 その彼が入場する際にテーマ曲として流れていたのがレッド・ツェッペリンの"Immigrant Song"、「移民の歌」です。 ショウマン・シップがものを言うプロレスには、ハードロックがよく似合いますね。

僕はリアルタイムでツェッペリンのサード・アルバムを聴いたわけではなくて、「移民の歌」のロバート・プラントの強烈な雄叫びと、ジミー・ペイジの印象的と言うよりハートに刺さるリフを耳にしたのはリリースからかなり時間が経ってからのことです。 ロック好きならあのイントロに血が騒がぬはずはなくて、発売当時にレコードに針を落としたファーストからのファンの皆さんは、やっぱりツェッペリンだ!と狂喜したことだろうと思います。

それがA面からB面へと進むにつれて予想外のアコースティック・ナンバーが次々出現して、「・・・?」となってしまった気持ちもよく分かります。 やっぱりツェッペリンといえばジミー・ペイジの生み出すリフがまず頭に浮かびますから。 その中でも「移民の歌」のリフは「胸いっぱいの愛を」に並ぶ衝撃度で、ベストアルバム「マザー・シップ」のかっこいいプロモーション・ビデオの冒頭を飾ったのもこの曲です。

でもあのボーカルは全盛期のロバート・プラントだけに可能だったようで、彼が喉を痛めて以降はライブで歌わなくなったんだとか。 話題を呼んだ2007年の一夜限りの再結成コンサートでも、セットリストには入っていませんでした。 キーを下げて歌えばいいってものじゃないんでしょうね。 もし誰かがカバーするならば、僕はスコーピオンズのクラウス・マイネはどうかなと思うんですが、如何でしょう?


レッド・ツェッペリン IIIレッド・ツェッペリン Ⅲ
衝撃のI・IIと同じ路線を期待したファンの間に賛否両論を巻き起こしたサード・アルバム。 それでも「移民の歌」はレコードのA面1曲目を飾るに相応しいインパクトのあるナンバーで、さすがはツェッペリンです。

「サインはピース」 オーシャン 1971年

2009-06-19

ピースサインというのは今でもカメラを向けられるとポピュラーなポーズで、あのVサインをするかどうかが大人と子供の境目だったりしますが、昔はピースマークというのもありました。 こういうブログに興味のある方には馴染みもあるかと思いますが、どういうものかというのはWikipediaなどでご覧ください。

カナダのオーシャンというバンドが71年にリリースした"Put your hand in the hand"という曲には「サインはピース」という邦題がついていて、今聞くとそりゃないだろうと思えても時代の雰囲気を見事に捉えた名タイトルだったのかもしれません。 僕も中学生だった当時は何の違和感もなくいい曲だなあなんて思ってました。 ラジオから流れてくる洋楽ポップスが、好奇心旺盛な坊主頭の耳に心地よく染みこんでいた頃のことです。

イントロの軽快なドラムが気持ちの良いこの曲は調べてみたらゴスペル・ソングで、今でも耳に残る「ギャリーリー」という言葉はイスラエルのガリラヤ地方、歌詞の中の"the Man from the GaLilee"とはイエス・キリストのことなんだそうです。 そんな事など知る由もない中学生にはただこの曲が明るいアメリカのフォークソングに思えて(実際はカナダでした)、様々なミュージシャン達の名曲と共にウブなハートに届いてたんです。

70年代の初め、中学生の頃に聴いた洋楽ポップスには印象に残る曲が多くて、これまでも「恋のかけひき」「ナオミの夢」「嵐の恋」など多数このブログで取り上げて来ましたが、他にもルー・クリスティーの「魔法」やリン・アンダーソンの「ローズ・ガーデン」など懐かしい曲がたくさんあります。 多感な思春期に聴いた音楽って、いつまでも忘れられないものですね。


オーシャンPut Your Hand in the Hand オーシャン
シンプルというかそのまんまというか。 裏ジャケットはメンバーなしでさらにシンプルな写真です。 シングルはもっと明るい雰囲気のジャケットだったと記憶してるんですが。

「ハイドラ」 TOTO 1979年

2009-06-12

Tag : TOTO

TOTOのファースト・アルバム「宇宙の騎士」が大いに気に入ってしまった僕は、待望のセカンド「ハイドラ」を聴いて、あれ?と思ってしまいました。 抜群のテクニックに裏打ちされたシャープで心躍る爽快なアメリカン・ロックを期待していたんですが、なんだか重たい雰囲気で始まったオープニング・タイトルに戸惑ってしまったんですね。

ジャケットからして何か物語がありそうだなと察しはつくんですが、これは1作目のシンボルだった剣から更にイメージを膨らませたのか、いわゆるコンセプト・アルバムを目指したんでしょうか。 ヒットした「ホールド・ザ・ライン」は変拍子のピアノが印象的でしたが、このアルバムでは全体にデヴィッド・ペイチとスティーヴ・ポーカロのキーボードが目立っていて、その中を相変わらずルカサーのギターが鋭く切れ込み、大好きなジェフ・ポーカロのドラムがバンドを支えます。

今作ではメインボーカルのボビー・キンボールもやや後ろへ下がった感じで、「ハイドラ」のボーカルを取っているのはペイチで、TOTO流のA.O.R.小洒落た「99」のボーカルはルカサーです。 70年代から80年代にかけて驚くほど多くのアルバムに参加しているルカサーのギターはスタジオ・ミュージシャンとして鍛えただけあって、リードもリズムも短いフレーズで曲全体を引き締めるような所があり、極端な話他のミュージシャン達のバックを務めているときが一番かっこよかったりします。

「ハイドラ」でもキメの短いリフでこの曲のイメージを決定づけているのはさすがだと思いますが、やっぱりスッキリしたのは前作の「グッバイ・ガール」に似た雰囲気の「ホワイト・シスター」でした。 毎回同じような感じを期待するファンにどんな驚きを与えるか、ここはミュージシャンとして頭を悩ませるところかもしれません。 まったく変わらないAC/DCみたいなモンスター・バンドが長生きしているのに比べるとTOTOは4枚目をピークに下降線をたどってしまいましたが、記憶に残るバンドには違いありません。


ハイドラTOTO ハイドラ
ジャケットの男を見ると、いつもリッチー・ブラックモアかと思ってしまいます。 爽快なアメリカン・ロックを披露したファーストに比べると、ピアノやキーボードが前に出てきた印象を受けるセカンド。

「想い出が多すぎて」 高木麻早 1973年

2009-06-06

Tag : 高木麻早

高木麻早の「ひとりぼっちの部屋」についてそのうち書こうと思っていたら、YouTubeで30数年ぶりに聴いた「想い出が多すぎて」にジ~ンときてしまったので、こっちにします。 こういうブログを書いていると、色々調べていく中で完全に忘れていたけど心のどこかに残っていた曲を久しぶりに耳にして、とてつもなく懐かしい気分になることがあります。

高校時代にちょっと軟派な友人が歌っていた「ひとりぼっちの部屋」は、その明るいメロディーと"高木麻早"という歌手の名前を教えてもらってなかなかいいなあと思ってました。 あらためて聴き直してみると、ちょっとカントリー風味のある曲で彼女の伸びやかな声が気持ちいいですね。 歌詞はというと恋の真っ最中の幸せな気分を歌った、まあ他愛のないと言うかほのぼのとした内容です。

今回記憶の中から蘇った「想い出が多すぎて」はタイトルさえ覚えてなかったんですが、どこかで確かに聴いたことのある・・・と思うんだけど、最近はさっき聞いたこともすぐ忘れてしまう有様なので本当はどうなんだか。 この曲は終わった恋を爽やかなメロディーに乗せて歌うところがまたいいんです。 明るい内容よりもやっぱり淋しい気持ちや悲しい気持ちを歌った曲の方が胸に染みますね。

彼女の歌を聴いていると、カントリーでもないフォークでもない、歌謡曲でもないメロディーが心地よく耳に響いてきます。 70年代という時代の雰囲気にも合っていたんだと思いますが、当時はヤマハのポプコンに出場することを目標に頑張っていた人たちがたくさんいて、大学の同級生も予選に出て「世良公則がカッコよかった!」と言ってました。 こんな時代にこそ、あの熱気をなんとかもう一度復活させてくれたらいいのに。


高木麻早高木麻早
想い出が多すぎて」「ひとりぼっちの部屋」収録のデビュー・アルバム。 アマチュア・ミュージシャン達の登竜門、ヤマハのポプコンが送り出した優秀なシンガーソングライターのひとりです。

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...