「フォロー・ミー (Follow,Follow)」 ジョン・バリー 1973年

2013-10-24

Tag :

先日BSで放送された薬師丸ひろ子と松田優作の「探偵物語」を見ていたら、中学生の時に映画館へ観に行った「フォロー・ミー」を思い出しました。 詳しい内容はもう覚えていませんが、印象に残っているのはどこかへ連れて行かれるような気分になるテーマ曲です。

「ローズマリーの赤ちゃん」のミア・ファローと「屋根の上のバイオリン弾き」のハイアム・トポルの二人は当時から知っていましたが、監督が「第三の男」や「オリバー」のキャロル・リードである事や、音楽が007で有名なジョン・バリーである事は今回調べてみるまで知りませんでした。 自称映画ファンと言ってもまあこんなものですが、映画館の暗がりの中で流れていた主題曲だけは覚えていましたね。

と、ここまで書いてもう我慢できなくなったので近所のTSUTAYAに行ってみたら、ちゃんとDVD置いてあるんですね。 40年ぶりに見た映画はたぶん当時の僕には退屈だったはずで、そりゃあ恋愛経験も不足してましたから。 いいなと思ったのは70年代初頭のロンドンの街並みとミア・ファローの旦那が最後に見せる笑顔、それにやはりあのテーマ曲です。

当時はまだサントラがパワーを持っていて音楽と共に思い出す映画がたくさんありましたが、「フォロー・ミー(Follow,Follow)」はイントロから女性のボーカルから、まあ素晴らしい出来映えだなと思います。 そんなに美人でもないミア・ファローがちょっと可愛く見えてきたりするのにもサウンド・トラックが貢献してるのかもしれません。

さて、「探偵物語」で可愛らしいけどどこか垢抜けない女子大生だった薬師丸ひろ子は「あまちゃん」の大女優鈴鹿ひろ美へと成長し、松田優作の息子で映画が公開された年に生まれて最近いい味を出すようになった松田龍平と共演することになりました。 亡くなった優作の面影を重ねつつ、きっと感慨深いものがあったでしょうね。


フォロー・ミーフォロー・ミー
永らくDVD化もされず、『午前十時の映画祭』で上映されて大人気だったそうで、まったく知りませんでした。 古くからの映画ファンが待ち望んでいた映画なんですね。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.6

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...