ラーセン・フェイトン・バンド

2015-06-20

発売されてすぐにレコードで買ってCDで再発されたのを買って今回またCDを買って、たぶん爺さんになっても聴き続けるだろうなと思うのがラーセン・フェイトン・バンドです。 全8曲、わずか40分弱のアルバムですが名曲・佳曲揃いの名盤で、これは気持ちのいいアルバムです。

もともと彼らのことはまったく知らずにジャケ買いをして大当たりだったのですが、当時さすがに俺の勘はスルドイ、と自画自賛したかどうかは定かではないけど、どんな内容なのかワクワクしながらレコードに針を落とすのは楽しいものですね。

バジー・フェイトンのセンスのいいカッコ良いギターとこれもセンスのいいニール・ラーセンのキーボード、ふたりのコンビネーションも抜群です。 名盤を包むジャケットの写真はリラックスしたバジーの表情と、ちょっとだけカメラを意識しているようなニールの表情がまたいいんです。

前回の「ささやく夜」もそうですが、最初に聴いてから何年経ってもいいなと思えるアルバムがたくさんあるのは、自分にとって大きな財産のひとつだなと思ってます。


ラーセン・フェイトン・バンドラーセン・フェイトン・バンド
これぞAORの傑作。 リッキー・リー・ジョーンズやカーリー・サイモンのアルバムでも有名なノーマン・シーフ撮影のジャケットも印象的ですが、この人の写真はなぜかしら人を惹きつけるところがあります。 normanseeff.com

番外編 22. ヨーロッパ・チャンピオンズリーグ決勝戦

2015-06-09

Tag :

ユヴェントスとバルセロナが激突した注目のヨーロッパ・チャンピオンズリーグ決勝戦は、バルセロナの勝利で幕を閉じました。 やっぱり面白かったなあ。 バルサが誇る攻撃陣の猛攻を防ぐのは守備の固いユーヴェでも困難で、取るべき人が点を取って終わりましたね。

試合後のピッチ上には歓喜するバルサの選手たちの姿だけではなく、去りゆくシャビとピルロが抱き合うシーンや懐かしいネドヴェドの顔もありました。(この人はワールドカップの負け試合でも最後までカッコ良かった。) サッカーは時の流れが早いスポーツですね。

ヨーロッパの重要な試合を見ていつも感心するのは観客の腹の底から湧き上がるような凄い声援で、ニッポンサポーターの皆さんの子供っぽい「♪レインボ~」とはえらい違いです。 みんなで同じ格好をして同じ事をして喜ぶというのはホントはあまり好きではないのですが、あれだけの声援を浴びたら選手たちも力を出さないわけにはいかないでしょうね。 ちなみにバルセロナの応援歌は六甲おろしに匹敵する名曲(?)で、あれを歌うと気分が盛り上がって元気も出るだろうなと思います。

それにしてもイングランド勢は何やってんでしょうね。 ジェラードもランパードもアメリカに行っちゃうし、ケインやヘンダーソンなど若い選手も出てきてはいるけどワールドカップ・ユーロ(来年楽しみ!)・チャンピオンズリーグと決勝戦に出てくることはまずありません。 サッカーの母国なんだからもうちょっと頑張れと言いたいよなあ。




スペインの凱旋門広場でFCバルセロナの選手を歓迎するサポーター。

「ささやく夜」 カーラ・ボノフ 1979年

2015-06-09

70年代もほぼ終わりの1979年に出逢ったのがカーラ・ボノフのセカンド・アルバム「ささやく夜」でした。 遅れてきたロック・ファンだった僕も血が騒ぐホットな音だけではなくて、落ち着いた音楽にも惹かれるようになってきた時期だったんでしょうかね。

A面1曲めの絶妙なテンポが心地良い『Trouble Again』がシンプルなバックの演奏と共にすんなり耳に馴染んで、この時点ですでに彼女の事が気に入ってます。 続く2曲めのタイトル・ナンバー『Restless Night』でキュンとさせて、彼女を表すには繊細、静か、控えめ、素朴、穏やか、こんな言葉が似合うように思います。

彼女の曲を歌ったリンダ・ロンシュタットのぱぁ~っと明るいイメージに比べると対象的です。 リンダがどうの、という訳ではありませんが、グイグイ前に出ないところが日本人好みと言いますか。 控えめなのはアルバムリリースも同様で、寡作な彼女がソロ名義で発表したのは4枚だけです。

次から次へと精力的にアルバムをリリースするわけではないところがまた彼女らしくていいなと思いますが、優れたシンガー・ソングライターであることに間違いはありません。


ささやく夜ささやく夜 カーラ・ボノフ
何年経ってから聴き直してもやっぱりいいアルバム。 ジャケットも中身も最高です。 軽快な1曲めの『涙に染めて(Trouble Again)』からしっとりとした彼女本来の持ち味が堪能できるスロウなナンバーまで、あ~気持ちいい。

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...