スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オリビアを聴きながら」 尾崎亜美 1978年

2016-05-31

Tag : 尾崎亜美

「オリビアを聴きながら」はシンガー・ソングライターの尾崎亜美が当時17才(!)の杏里に提供した曲で、色々な歌手にカバーされて今ではスタンダード・ナンバーとなった名曲ですね。

エントリーのタイトルに杏里の名前を使わなかったのはどちらかと言えば作者の尾崎亜美の方に興味があるからで、谷村新司の番組で見た彼女はまだまだ声も出ていて、プロとしての現役感が漂ってました。(ご主人でベーシストの小原礼を"礼ちゃん"なんて呼んじゃって。)

学生時代に「マイ・ピュア・レディ」をテレビのCMで聞いたのが最初の出会いで、その後の楽曲を聴くとこれが彼女のメロディーだというオリジナリティーは既に確立してたんですね。

シンガーとしては80年代のユーミンの影に隠れたようなところがありましたが、ソングライターとしては松田聖子の「天使のウィンク」や高橋真梨子の「あなたの空を翔びたい」などヒット曲を多数生み出してます。

『夜更けの電話あなたでしょ... 』というフレーズが印象的な「オリビアを聴きながら」ですが、メロディーを楽しむには杏里の澄んだ声で、歌詞を味わうなら尾崎亜美のハスキーで少し甘えた声がいいなと思います。


尾崎亜美"ReBORN" AMII OZAKI
2009年にリリースされた尾崎亜美のセルフカバー集。 オフィシャル・サイトには彼女自身による詳細な解説が掲載されてますが、作詞もするだけあって言葉に敏感な人だなと思います。 ところでAmi じゃなくてAmii なんですね。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.7
スポンサーサイト

ジェフ・ポーカロ・セッション・ワークス

2016-05-15

初めてジェフ・ポーカロのドラムを聴いたのは多分ボズ・スキャッグスの名盤『シルク・ディグリーズ』だったと思うのですが、ひょっとしたら知らずに色々な曲で耳にしていたのかもしれません。

今でも印象に残っているのは社会人になって初めて買ったレコードで(だったと思う)同じくボズ・スキャッグスの『ミドル・マン』のラストナンバー、「ユー・ガット・サム・イマジネーション」のイントロのドラムです。

軽く聞き流せばよくありそうなドラミングなのですが、当時はとにかくカッコいいと思ったんですね。 スティーヴ・ルカサーのギターもそうですが、とにかく曲や歌をより格好良く活かすプレイがあちこちで光って、スタジオ・ミュージシャンとして多忙だったのも納得です。

そんなジェフのプレイを集めたこのアルバムはバラエティに富んだ選曲で、中には好みでない曲もありますが「ロウダウン」のシンプルだけどセンス溢れるドラミングが最高に気に入ってます。 好評に付き第2弾も発売されましたが、ドラムに集中して聴いてみるというのも楽しいものですね。


ジェフ・ポーカロ"Jeff Porcaro Session Works" Jeff Porcaro
この人のドラミングは気持よくて好きだったんですけどね。 生きていれば今でもバリバリに活躍していたはずです。 突然の死が惜しまれる"センスと信頼と実績"の優れたミュージシャンでした。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.7

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。