『シングルズ 1969-1981』 カーペンターズ

2016-11-25

カレンの声は本当にいつ聴いても癒やされます。 素直で艶と深みのある歌声が胸に染みるメロディーに乗って気持ち良いことこの上ないですね。 ちなみにとても綺麗な英語だとアメリカ人のタレントが言ってました。

カーペンターズがヒット曲を連発した70年代前半というのはハードロックが最も勢いのあった時代です。 ロックに奥手だった僕はともかく、当時のロック小僧の中には兄妹デュオのソフトな曲なんか聴いてられるか!顔もそっくりだし。なんて突っ張っていた人達もいたんだろうなと思います。

しかしそんな彼らも年を重ねるに連れ、ああ、やっぱりカーペンターズもいいなあ。となってきたんじゃないでしょうか。 音楽好きならそうならないのがむしろ不思議で、バンド仲間に「いいぞ」と言うのが恥ずかしくてこっそりレコードを聴いてたりして。

ベスト盤なんか絶対に買わない!という頑固な人でも、カーペンターズならラジオから次々とヒット曲が流れてくるような感覚で楽しめますからいいんじゃないかと思いますよ。


Carpenters"Singles 1969-1981" CARPENTERS
日本盤のジャケットより輸入盤のカレンのユーモラスな表情の方がほっとします。 中身は懐かしい名曲のオンパレードなので言うことありません。 音質が良いSACDが大変評判いいみたいですが、値段が高すぎるのが難点ですね。

『青い影』 プロコル・ハルム

2016-11-04

よく耳にするし本当にいいなと思う名曲ですがアルバムを聴いたことは無かったので、先々月のユーミン繋がりでこのアルバムを取り上げてみました。

だけど「青い影」はシングルでヒットした曲で、このモノクロのジャケットが印象的なアルバムには収録されていませんでした。 1曲めが「征服者」から始まるのと「青い影」から始まるのとではまったくインパクトが違います。

キーボードと特徴のあるボーカルが耳に残るアルバムは「シー・ワンダード」や「フォローイング」など如何にも古き良き時代のポップスやラストのインストゥルメンタル「ヴァルプルギスの後悔」など、これはこれでなかなか良いなと思いますがあまりにも「青い影」の出来が良すぎました。

ハモンド・オルガンのイントロと"We skipped the light fandango ..."という歌い出し、これだけで多くの人の心の琴線を震わせて、その中には当時13才の荒井由実もいて、もちろん世界中のミュージシャンの卵たちにも影響を与えたんでしょうね。


Procol Harum"PROCOL HARUM" プロコル・ハルム
プロコル・ハルム1967年のデビュー・アルバム。大ヒット『青い影(A Whiter Shade Of Pale)』は元々収録されていなかったそうで、ボーナストラックとして入ってます。 ビートルズの「サージェント・ペパーズ」が発表された年ですね。

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...