スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「祝100回記念」 数えてみたらもう100回

2007-08-14

Tag :

去年の10月に書き始めたこのブログも、前回のレオン・ラッセルでもう100回。 だいたい3~4日に一度のペースで更新を続けてきましたが、ちょっと区切りのいいところで総括、というと昔の過激な学生運動みたいなので、これまでを簡単に振り返ってみたいと思います。

先日作詞家の阿久悠が亡くなってしみじみと思いましたが、ちょうど昭和のど真ん中、西暦でいうと1957年生まれの僕は運の良いことに歌謡曲やポップス、フォークソング、そしてロックの黄金時代に青春を過ごすことができました。 もともと音楽や映画に小説が大好きで、何かブログの題材がないかと思って、これならネタ切れの心配がないから安心、と始めたのがこの「70年代思い出の名曲」です。

書き始めてみたら嬉しい事に、さあ、次は何を書こうかというのが日々の元気の元になってますが、80年代さえセピア色になりかけてきた今、昔の記憶がだいぶぼやけてきてるのに愕然とする事もあります。 しかしそれはそれで、忘れてたことやはっきりしないことを調べるという行為がまた楽しくもあります。

さて、ブログ右下のカウンターをご覧いただければお分かりのように、今のところそんなにアクセスが多いという訳ではありませんが、それでも書いたからには誰かに見てもらいたいというのが人情で、訪れていただいた皆さんには本当に感謝しております。

アクセス解析によると検索語句で一番多いのが、当然ながら「名曲」と「70年代」、アーチスト別だと1位は「沢田研二」、2位が「ビリー・ジョエル」、3位は「中村雅俊」。 曲名だと「ただお前がいい」、「ウィー・アー・オール・アローン」、「素顔のままで」の順となっております。 検索エンジンは圧倒的にヤフーが多くて次点がグーグル、このふたつでほぼ9割を占めてます。 

アマゾンからの収入も今のところはたいしたことはありませんが、それでも自分が取り上げたミュージシャンのCDが売れてたりすると嬉しいものです。 ともあれ、まだまだ70年代の名曲は星の数ほどありますから、これからも楽しみながら更新を続けたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。


青春歌年鑑 70年代総集編青春歌年鑑 70年代総集編
めでたく100回を迎えたので、今回のおすすめは70年代総集編。 皆さんの懐かしい思い出が、あちこちに詰まってると思いますよ。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.2

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。