「アナザー・デイ」 ポール・マッカートニー 1971年

2006-10-27

人気グループ、それも世界的な人気を誇るグループが解散したら、メンバーはその後どんな曲を発表するのか? しかもそれがビートルズだったら? 誰しも興味があるところだったんですが、「アビー・ロード」で才能がはじけたジョージ・ハリソンは「マイ・スイート・ロード」、ジョン・レノンは「イマジン」を大ヒットさせ、リンゴは予想通りおとなしく、稀代のメロディー・メイカーであるポールはシングル「アナザー・デイ」をヒットさせました。

ビートルズのころに比べれば今ひとつという評価を受けたポールでしたが、その後ウイングスでアルバム「バンド・オン・ザ・ラン」や「ヴィーナス・アンド・マース」などを次々とヒットさせてミュージシャンとしての才能を再認識させてくれました。 ソロではなくバンドを組むことで、自分の立ち位置をもう一度確かめたのかもしれませんね。 そのウイングス結成前の彼の曲の中で最も好きなのが今回の「アナザー・デイ」です。

71年にシングルとして発表されたこの曲で、彼は相変わらずメロディアスなベース・ラインに乗せて、もう亡くなってしまった奥さんのリンダと一緒に気持ち良さそうに歌っています。 途中で曲調が変わるところは「ウィー・キャン・ウォーク・イット・アウト」なんかを思い出させますが、やはりレノン&マッカートニーが20世紀最高のコンポーザーのひとり、いや一組だったんだなと改めて思いますね。


ラム ポール・マッカートニー ラム ポール・マッカートニー
日本盤のみ収録のシングル「アナザー・デイ」だけでも聞く価値あり。 やっぱりソング・ライターとしての才能は天下一品です。 このアルバムは発売直後よりも後になって評価が高まったようです。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...