スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オーバー・アンド・オーバー」 ジョー・ウォルシュ 1978年

2007-09-13

当時イーグルスのメンバーだったジョー・ウォルシュが、バンドの解散前に出したソロアルバム「But Seriously Folks」のオープニングを飾るのが、今回の「オーバー・アンド・オーバー」です。 ゆったりとしたリズムとメロディー、短く盛り上がるサビの部分が気持ちのいいこの曲は、西海岸の景色の良い道をオープンカーでドライブしながら聴いたら最高だろうなあ。 できることならシートベルトなしで、ウェストラインの低い昔のオープンカーのドアに片ひじ乗せてね。

ジョー・ウォルシュはあのヒゲが最高に似合っていて、ちょっと見はコワモテでも人の良さが伝わってくるような気がします。 彼がイーグルスに加入するというニュースを聞いた僕の友人は、「おお、ジョー・ウォルシュが!イーグルスに?」としきりに感心してました。 僕はイーグルス以前の彼のことは知らなかったので、とりあえず「ふぅ~ん」とか言っときましたが、「ホテル・カリフォルニア」のツイン・ギターを聴いて、おお、こういう事だったのかと後になって納得がいきました。

あの少し悲しげで鋭く刺すようなソロとは違って、このアルバムでの彼は本当にリラックスしているのがこちらにも伝わってきて、なんと言うか女性の皆さんには分かりづらいと思いますが、キ○タマの皺が伸びそうな心地の良さがあるんです。 服を着たまま水の中に浸かっているジャケットも秀逸で、とことん楽しんでやろうという姿勢が伝わってきますね。 明るく陽気で心地よい、日本人の憧れるアメリカがここにあるような気がします。


ロスからの蒼い風 ジョー・ウォルシュロスからの蒼い風 ジョー・ウォルシュ
ジェームズ・ギャング時代よりもイーグルスに加わってからの方が一般受けするようになりましたが、ソロアルバムの最高傑作がこれだと思ってます。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.3

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。