「ウィザード」 ユーライア・ヒープ 1972年

2007-09-20

イエスのアルバム・アートでも有名なロジャー・ディーンの起用もピッタリとはまって、前作「対自核」と並ぶ名盤となった「悪魔と魔法使い」は、これまた名曲がたくさん詰まった傑作です。 ボーカルのデヴィッド・バイロンの声が曲のイメージにこれもピッタリとはまった「ウィザード」は、ギターのリズムも心地よいアルバム一押しの名曲で、オープニングからユーライア・ヒープの世界へと引き込んでくれます。

この曲はメロディーに合ったデヴィッド・バイロンの声質と、絶妙なヴィブラートのかかり具合にちょっとしたイフェクトが効いて、見事な演出と言うほかありません。 アルバムのタイトルと想像力を刺激するジャケット、これにかっこいいバンド名「ユーライア・ヒープ」とくれば、中身を聴かなくてもLP買っちゃおうかとミーハーなロック・ファンは思うわけですが、70年代初めのブリティッシュ・ロックはハードからプログレまでほんとに百花繚乱、いい時代だったなあ。

小学校の高学年あたりからいろいろな音楽を聴いてきて、このブログでもいくつかのジャンルに分けて楽しみながら書いてるんですが、一番心を揺さぶられたのはやっぱりディストーションの効いたギターの音で、今でも70年代のロックを耳にすると血が騒ぐわ胸が躍るわ、分別のある大人になってもロックに夢中だった若い頃の自分が懐かしいというか、忘れたくないなと思います。


悪魔と魔法使い ユーライア・ヒープ悪魔と魔法使い ユーライア・ヒープ
アコースティックなオープニングでいい気持ちの「ウィザード」はじめ、名曲揃いの名盤。 ロジャー・ディーンのジャケットも雰囲気最高。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...