「チェリー・ボム」 ザ・ランナウェイズ 1976年

2007-09-30

あろうことか可愛い女の子が下着姿で歌うという衝撃的なデビューで度肝を抜いたランナウェイズは、元祖ガールズ・ロックバンドと言っていいと思うんですが、いやあ、当時はビックリしましたねえ。 びっくりしたと言うよりは嬉しかったというのが本音ですが、ある雑誌では「猫マスク」なんて書かれていて、どこが猫マスクかというとあらぬ方向へ進んでしまいそうなので、それはひとまず置いときたいと思います。

ロックバンドのボーカルが女性というのは、スージー・クアトロやジェファーソン・エアプレインのグレース・スリックなんかが有名でしたが、平均年齢が10代の女の子達が楽器を弾いて歌ってというのは他にいませんでしたし、単に若くて可愛いというだけじゃなくて、ギターのジョーン・ジェットやリタ・フォードはソロになってからも活躍したので、ちゃんと実力もあったという事です。

日本でもその後ハードロック路線のSHOW-YAやポップなプリンセスプリンセスらが大ブレイクしますが、どの分野であっても先駆者は賞賛されるべきだと思います。 しかもしつこいようですが下着でデビューですから。 結局そこだけ印象に残ってたりして。 チェリー・カーリーのボーカルは正直あまり上手だとは思えませんでしたが、「チェリー・ボム!」とシャウトする彼女はかっこよかった。 私を見なさいよ!という一種の女王様キャラが良かったですね。


チェリー・ボム ランナウェイズチェリー・ボム ランナウェイズ
日本語版のタイトルが「悩殺爆弾~禁断のロックンロール・クイーン」。 下着姿で歌うとはなんたるハレンチな。 でも可愛いかったのでOK。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...