「さなえちゃん」 古井戸 1972年

2007-10-09

Tag : 古井戸

80年代の初め、RCサクセションの全盛期に一度だけライブを見たことがあるんですが、いやあ、盛り上がり方が凄かった。 ラストの「雨上がりの夜空に」でイントロのかっこいいリズムを刻んでいたのがギターのチャボこと仲井戸麗市ですが、中学生の頃に聴いた「さなえちゃん」の彼と同一人物とはとても思えなかったですねえ。

確か中3の夏休みにキャンプへ行った時にラジオから流れてきた変な曲を今でも覚えてますが、ポエムというのか叙情的というのか、ユーモアも漂うなんともほのぼのとする世界は最近の歌には望むべくもありません。 自分の思うままにギターを弾いて歌ってというフォークソングの最盛期だったからこそ古井戸みたいなデュオが世に出て活躍することもできたんだと思いますが、ナイーブそうなチャボがギンギンのロックをやるとは当時は想像もつきませんでした。 まあ、ポジティブでノー天気な奴だけがロックをやるとは限りませんが。

ところで懐かしいフォークの世界が確かにあったのは紛れもない事実で、古井戸が所属していたエレックレコードという会社は怒涛の勢いで新人フォークシンガーをデビューさせていて、吉田拓郎、泉谷しげる、海援隊、それに懐かしいところではケメこと佐藤公彦や山崎ハコもデビューアルバムはエレックレコードから出ています。 フォークソングを主力商品にしたレコード会社があったというのが今では考えられませんが、後のフォーライフレコードの始まりも元はといえばエレックレコードなんだそうで、どちらも倒産してしまったのがフォークソングの時代の終わりを象徴しているみたいで、昔の事だけどちょっと寂しい。


古井戸の世界 古井戸古井戸の世界 古井戸
中3の夏休みにキャンプに行った時、ラジオから「さなえちゃん」が流れてきました。 その後、まさかチャボがRCサクセションで大暴れするとは。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...