スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「さらば青春」 小椋佳 1971年

2007-10-13

Tag : 小椋佳

東大卒にしてエリート銀行マンという凡人が思わずひれ伏すようなプロフィールに加えて、作詞・作曲をして自分で歌うシンガー・ソングライターとしても非凡な才能を授かった小椋佳ですが、平凡な外見にソフトな人柄で誰からも愛されるというのがさらに羨ましい。 フォークシンガーには拓郎や泉谷、チンペイに千春とキャラクターの濃い人達が多い中で、かえって温厚な小椋さんは異彩を放っています。

中村雅俊に「俺たちの旅」、布施明に「シクラメンのかほり」と永遠の名曲を提供し、「シクラメンのかほり」ではレコード大賞まで取っちゃいましたが、あれはやっぱり小椋佳本人が歌うほうが数段気に入ってます。 どの曲も思わずしんみりと聞き入ってしまうのが彼の紡ぎだす世界のいいところなんだけど、その中で「さらば青春」はやはりみずみずしくも胸が疼くような世界を歌いながら、どこか前向きで元気になれるようなところがあって素晴らしい。

実際にギターを弾いてみると、なんだかリズムを奏でるのがとても気持ちいいんです。 歌詞もあらためて読んでみると ♪ 少女よ~、なんて古臭いというか気恥ずかしいというかムズムズする箇所もあるけど、フォークソングなんてもともとそういうものだと思います。 そこをあえて気にせず生ギターに合うメロディーにのせて堂々と歌うのが、フォークソングの醍醐味じゃないでしょうか。 一時は大病を患ってげっそりとお痩せになった小椋さんですが、いつまでもちょっと元気でいてほしいなと願ってます。


彷徨 小椋佳彷徨 小椋佳
東大卒で一流銀行勤務という異色の経歴が当初は話題になりましたが、勉強だけではなくて音楽にも才能があったのが素晴らしい。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.3

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。