「ロックンロール」 レッド・ツェッペリン 1971年

2007-10-29

1973年のニューヨーク、マディソン・スクエア・ガーデンでのレッド・ツェッペリンのライブの模様を収めた映画「狂熱のライブ」は、1976年に公開されて話題を呼びました。 賛否両論のあったイメージ映像は正直言ってちょっと退屈でしたが、なんと言っても動くツェッペリンがスクリーンで見られるというだけで大ニュースだったんです。

映画の中で最初に演奏される「ロックンロール」はジョン・ボーナムのドラムのイントロに続いて、ジミー・ペイジが低く構えたレス・ポールをかき鳴らすとこれぞロックンロール、ロック小僧たちのハートを揺さぶるには充分なかっこよさでした。 ボンゾのリズム感やタイミングには独特の間があって、「ブラック・ドッグ」もそうですが自分でリズムをとっていると途中でずれてしまって、あれ?と思うんですが全体のドライブ感を損なうことなく、グイグイとジミー・ペイジのギターやロバート・プラントのボーカルを引っ張っていきます。

そのレッド・ツェッペリンがこの11月にロンドンで再結成コンサートを敢行するそうで、もうプラチナ・チケットは間違いのないところですが(完全抽選制なんだそうです。)、ボンゾ抜きでしかも年齢を重ねた残りのメンバー、いったいどんなパフォーマンスを見せてくれるんでしょうか。 若い頃の彼等は男前揃いで見た目がかっこいいのはもちろん、「BBCライブ」なんかを聴くと荒々しいまでのパワーに圧倒される思いがします。 今の彼等に当時と同じものを求めてもそりゃ無理だと思いますが、たぶん3人が同じステージに立つのはもう最後だと思うので、冥土の土産に見られたらいいなあ。


永遠の詩(狂熱のライブ) レッド・ツェッペリン永遠の詩(狂熱のライブ) レッド・ツェッペリン
動くツェッペリンが見られるのは当時画期的なことだったので、映画の出来なんかどうでもよかったんです。 やっぱりかっこいい!

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...