「マイ・スイート・ロード」 ジョージ・ハリスン 1970年

2007-11-18

You Tubeで70年代のヒット曲の映像を探してたら、懐かしいバングラデシュ・コンサートの一場面が出てきました。 リンゴ・スターやエリック・クラプトンを従え、生ギターをかき鳴らす白いジャケットにヒゲぼうぼうのジョージ・ハリスンはやっぱり素敵だった。 あのちょっと震えるような歌声が彼の人柄を表してるようで、亡くなってしまったのが残念です。 まだ58歳の若さでしたから。

70年にビートルズが解散した後、ジョージは3枚組の大作「オール・シングス・マスト・パス」で一気に才能を開花させます。 別にそれまで才能が無かったのではなくて、あまりにもレノン=マッカートニーが偉大すぎただけです。 それに当然の事ながらジョージのギターとコーラス、リンゴのドラムス抜きにはビートルズにはなれなかった訳ですからね。

ところがソロ初の大ヒット「マイ・スイート・ロード」はその後盗作騒ぎで訴えられてしまい、最終的には敗訴して当時の金額で60万ドル近い賠償金を支払うはめになってしまったそうです。 本人は気がつかないだけで、数え切れないほど聴いてきた音楽が無意識のうちに頭の中に刷り込まれてしまって、発表してみたらある曲にそっくりだったというケースは考えられなくもないんじゃないでしょうか。 ちなみに訴えられた曲に「酷似していた」そうですが、ジョージが意図的に盗作するはずないと信じているので今でも「マイ・スイート・ロード」が好き。


オール・シングス・マスト・パス ジョージ・ハリソンオール・シングス・マスト・パス ジョージ・ハリソン
ビートルズ後期に才能を開花させたジョージ・ハリスンが、解散後一気に貯めてきたものをはき出した傑作。 「マイ・スイート・ロード」が懐かしい。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...