スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いつか街で会ったなら」 中村雅俊 1975年

2007-12-08

当時僕たちの間で絶大な人気を誇った今は亡きカリスマ松田優作と永遠の青春スター中村雅俊の共演が話題になった刑事ドラマ「俺たちの勲章」は、期待通りの面白さでした。 タフでクールな武闘派刑事を演じた松田と優しくて人の良い後輩刑事を演じた中村、どちらもよかったですねえ。

性格の違うコンビを描いた刑事物はアメリカの映画やTVドラマでもよくありますが、最近のドラマでは考えられないくらいすぐ銃を抜いて撃ったりするところがいかにも70年代。 事実は定かではありませんがゲストとして出演した女優五十嵐淳子をふたりが取り合って中村雅俊の勝ち、というドラマもあって、現在中村と五十嵐はおしどり夫婦としても有名です。

劇中の挿入歌「いつか街で会ったなら」は当時絶好調だった吉田拓郎の曲を中村雅俊がどこか郷愁を誘う声で歌い上げた名曲ですが、名ドラマには名曲がつきもの。 松田が出演した「太陽にほえろ!」や最高傑作「探偵物語」、萩原健一と水谷豊の「傷だらけの天使」など今も思い出す素晴らしいドラマばかりで、つくづく最近のドラマはつまらんと思います。 これは自分が年を取ったからという理由だけではないと思うけどなあ。


俺たちのメロディー俺たちのメロディー
見よ、この勇姿! いまだにこの男を越えるインパクトのある俳優は出てこない。 息子達二人も人気は出てきましたがまだまだです。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.3

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。