「五番街のマリーへ」 ペドロ&カプリシャス 1974年 

2007-12-20

さすがに「ペドロ&カプリシャス」というグループ名を聞くとああ、昭和だなあと思えてきますが現在も活動は続けているのだそうです。 昔は「東京ロマンチカ」とか「マヒナスターズ」とかおしゃれなネーミングが多かった。 歌手のバックで演奏するバンドにも「ダン池田とニューブリード」とかいてね。

ペドロ&カプリシャスは高橋真梨子が在籍していた頃が最盛期で、阿久悠・都倉俊一の黄金コンビの名曲「五番街のマリーへ」「ジョニィへの伝言」を立て続けにヒットさせました。 どちらの曲もラテンなグループ名から受けるイメージとは違うし、湿った感じの歌謡曲でもないし、かと言って悲しい恋の歌でもありません。 歌詞を見るとどちらも愛した人への想いがこもっていて、そこをウェットになりすぎることなく仕上げたのが作詞・作曲のプロの腕だと思います。

抜群の歌唱力を誇る高橋真梨子さんは一度ご主人と買い物をしているところを拝見したことがありますが、ご主人に甘える普通の小柄なおばちゃんという感じでした。 普通の小柄なおばちゃんはご主人に甘えたりしないのかもしれないけど、スターらしからぬ庶民的な雰囲気が印象に残っています。 ソロになってからも「桃色吐息」がヒットしましたがもうかなり前の事なので、このへんでもう一曲ヒットを飛ばしてもらいたいものです。


ヒット・コレクション ペドロ&カプリシャスヒット・コレクション ペドロ&カプリシャス
「ジョニィへの伝言」「五番街のマリーへ」と、高橋真梨子在籍時のペドロ&カプリシャスが最も輝いていました。 この2曲は亡くなった作詞家阿久悠の代表作でもあります。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...