「かもめはかもめ」 研ナオコ 1978年

2008-02-27

Tag : 研ナオコ

激ヤセしたディオンヌ・ワーウィックみたいだなと思うこともある研ナオコは70年代に「かもめはかもめ」、80年代に「夏をあきらめて」とそれぞれ日本を代表するシンガーソングライターから素敵な曲をプレゼントされました。

剽軽なキャラクターとファニーな外見でお茶の間に親しまれた彼女は最近テレビで見かけることはなくなりましたが、誰もが認める歌唱力の持ち主でコンサートには相変わらず力を入れているようです。 歌手でデビューした頃はもちろん歌一本でいくつもりだったと思いますけど、あの個性を周りがほっとけなかったんでしょうね。

中島みゆきの描く世界をなんだか泣いているようにも聞こえる声で歌う「かもめはかもめ」は、悲しげに空を漂うかもめが目に浮かんでくるようでちょっと「白鳥は悲しからずや・・・」という若山牧水の句を思い出します。 他にも研ナオコは彼女の作品を歌っていますが、それにしても悲しい歌を書かせると中島は天下一品だなあ。


中島みゆきを唄う 研ナオコ中島みゆきを唄う 研ナオコ
彼女の事を見た目やキャラクターだけで判断せずに、素直に名曲の数々と歌の上手さを味わえばいいんじゃないかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...