スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「京都慕情」 渚ゆう子 1970年

2008-04-05

Tag : 渚ゆう子

「そうだ 京都、行こう。」という名コピーがありますが、桜満開のこの季節や紅葉の秋の京都は確かに旅心を誘います。 このキャンペーンは今も続いているJR東海の名企画で、「そうだ、京都へ行こう。」かと記憶してたんですがそれじゃそのまんまだし、プロのコピーライターが生み出した言葉が多くの人の心に響いた良い例じゃないでしょうか。

ベンチャーズが書いた曲に日本語の歌詞をつけた「京都慕情」は、渚ゆう子が歌って大ヒットしました。 前作の「京都の恋」はまだベンチャーズのテイストが感じられましたが、僕の好きなこの曲は巧みなアレンジもあってより日本人の和の心に訴えかけるものがあると思います。 今でもガイジンが作曲したとは信じがたい曲だけど、ベンチャーズってなんだか日本ウケするところがありますね。

いかにも和風でほんの少しだけハスキーな声の渚ゆう子に京都シリーズの2曲を歌わせたのも企画力の勝利と言えるのかもしれません。 レコード大賞歌唱賞を受賞した実力の持ち主でもある彼女は意外なことに、デビュー当時はあのマヒナスターズをバックにハワイアン歌謡を歌っていたそうです。 それがガラリと雰囲気を変えて京都を舞台にした曲で売れた訳ですから、何事も出逢いって大事だなあ。


ゴールデン☆ベスト 渚ゆう子ゴールデン☆ベスト 渚ゆう子
ベンチャーズ歌謡の京都シリーズはじめ、場末のスナックのママが(失礼。)歌っているような雰囲気が素敵だった渚ゆう子のベスト集。 まさに昭和の世界です。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.3

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。