「タッシュ」 ZZ TOP 1975年

2008-04-26

Tag : ZZ TOP

「エリミネーター」と「アフターバーナー」の2枚が続けてヒットした80年代はMTVの時代でもあったので、ZZ TOPは見た目のインパクトもあって一気にブレイクしました。 だけど彼らはもともとライブに定評のあるバンドで、70年代からのファンは何を今さらと思ってたでしょうね。 コテコテ、いやゴリゴリのブルースを下敷きにしたシンプルなハードブギーは、アメリカの広大な大地を貫くハイウェイを走りながら、またライブハウスでビール片手に聴くには最高だと思います。

彼らの代表曲のひとつ「タッシュ」は典型的なZZ TOPサウンドで、シンプル=潔さと思えるノリの良さがまあ気持ちのいいこと。 何もかも忘れて飲んだくれてしまいたくなるナンバーです。 3人という最小編成のバンドで観客を虜にするにはパワフルなボーカルやテクニックはもちろん、彼らのトレード・マークとなったヒゲとサングラスとテンガロン・ハットや、ギターのビリー・ギボンズとベースのダスティ・ヒルが時折ステージで見せるユーモラスなアクションも欠かせません。 排気量に余裕があるというか、カナダ出身のBTOもそうですが大陸系のバンドはパワーでオーディエンスを圧倒するところがありますね。

彼らの出身地テキサスはなんだか男っぽい土地柄というイメージがありますが、酔っぱらいの荒くれ男たちも黙らせる(と思う)迫力のステージはできたら死ぬまでに一度は観ておきたい。 ところで僕はテキサスというと映画「ジャイアンツ」を思い出します。 大牧場主ロック・ハドソンの所へ嫁いできた東部のお嬢様エリザベス・テーラー、そして彼女に思いを寄せる孤独な男ジェームズ・ディーン。 いやあ、面白かったなあ。 一見関係ないようだけどZZ TOPと「ジャイアンツ」、どちらもスケールの大きいアメリカに想いを馳せたくなるところが共通してます。


ファンダンゴ! ZZ TOPファンダンゴ! ZZ TOP
怒濤のハード・ブギーが炸裂するライブとスタジオ録音の二本立て。 レコードだとA面B面で分かり易かったんですけどね。 テンガロンハットと長~い髭でビジュアルも強烈なオヤジどもがカッコイイ。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.4

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...