スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トゥ・オブ・アス」 ザ・ビートルズ 1970年

2008-05-28

最初に買った洋楽のLPはサイモンとガーファンクルでしたが、友人から借りたビートルズの「レット・イット・ビー」は、その後の音楽の好みを決定付けるアルバムとなりました。 デビュー以来世界中に大きな影響と衝撃を与えたリバプール出身の4人は、当時はまだ知りませんでしたがもう修復不可能なくらいバラバラになってたんですね。 彼らが解散したのは僕が中学1年だった1970年、僕たちはリアルタイムでビートルズ・サウンドに触れた最後の世代かもしれません。

偉大なバンドの終焉を象徴するように、このアルバムにはいい曲がたくさん入っているのに全編を通して寂しい雰囲気が漂っています。 1曲目の「トゥ・オブ・アス」はアコースティック・ギターのイントロとポールのボーカル、ジョンのコーラスが素敵ないい曲なのになんでこんなに切なくなるのか。 もともと音楽の大好きな友人たちが集まって地道にライブをやって、その中の二人はずば抜けた才能の持ち主だった為に20世紀最高のバンドにまでなったのに。

U2みたいに一度もメンバー・チェンジをせずに長い間人気を保っているバンドもあるけど、色々な才能が集まった大物バンドはいずれメンバー間の軋轢で崩壊を迎えるのがどうも定番みたいですね。 ところで皆さんは、久しぶりに会った友人といつの間にか考え方や感覚に微妙なズレができていて、楽しいはずの再会でなんだかアレ?という気分になってしまった経験はありませんか? 長い年月は見た目だけではなくて、気がつかないうちに内面も変えてしまうことがあるようです。 そういうことも受け入れてお互いを認め合うのが大人っていうものでしょうね。


レット・イット・ビー ザ・ビートルズレット・イット・ビー ザ・ビートルズ
ジャケットを見てるだけで非常に懐かしいけれど、レコーディング当時すでにバンドが崩壊状態だったとは。 それでも僕にとっては永遠の名盤です。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.4

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。