「お願い D.J.」 サザンオールスターズ 1979年

2008-08-31

サザンといえば夏の季語か、というくらい国民的バンドになったサザンオールスターズ。 今年の夏の締めくくりに日産スタジアムで、デビュー30周年記念「真夏の大感謝祭」と銘打った4日間の公演で約30万人のファンを集めて大盛り上がりだったようです。 僕はテレビで見たんですが、先頃無期限の活動休止を発表したこともあってか雨にもかかわらずファンもサザンも熱く燃えたライブでしたね。 解散ということではないようなので、しばらく各メンバー英気を養ってまた帰ってくるんでしょう。

ライブでも歌っていた「お願い D.J.」は歌詞だけ見ると何これ?と思うんですが、これがメロディーに乗るとあら不思議、まことにノリの良いサザンらしい曲となって気分をウキウキさせてくれます。 この軽さと調子の良さこそ桑田佳祐の真骨頂、そうでなけりゃ誰が「女呼んでブギ」なんて歌ったりステージにTバックのダンサーを登場させたりするでしょうか。 素人が酒を飲んで大騒ぎしているようなところや、心に染みるバラードでジ~ンとさせるところ、バラエティ豊かなのが彼らの持ち味です。

「お願い D.J.」にはウルフマン・ジャックの物真似が入っていて、若いファンには何でこんなの入れるの?という意見もあるかもしれません。 ただサザンがデビューした70年代は音楽ファンにとってラジオというメディアが今よりもっと大きな存在で、RCサクセションの「トランジスタ・ラジオ」の歌詞にもあったように海外のロックやポップスを届けてくれる貴重な音源だったんです。 僕も曲の紹介が終わったらDJの声が入らないように、なおかつイントロが途切れないようにすかさずラジカセの録音ボタンを押して、「よおし、OK!」なんて当時は喜んでました。

一番人気があったのはやはりオールナイトニッポンでその他の番組名はもう忘れてしまいましたが、和洋問わず様々なジャンルの音楽を聞いたのはもちろん、DJのお喋りは時に笑わせてくれたりしんみりさせてくれたり、ラジオは本当に身近な存在でした。 ウルフマン・ジャックについては映画「アメリカン・グラフィティ」に登場したのを見たぐらいでラジオで聞いたことはないんですが、あの頃はDJがスターになり得る時代だったのかもしれません。 サザンには「DJ・コービーの伝説」という曲もあるし、桑田さんもさんざんラジオを聞いてたんだろうなと思いますね。


10ナンバーズ・からっと サザンオールスターズ10ナンバーズ・からっと サザンオールスターズ
セカンドになってもアマチュアみたいなジャケット。 それでもスタンダード・ナンバーとなった「いとしのエリー」を生んで、キワモノ扱いから世間の評価も変わっていきました。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...