番外編その5. 追悼ポール・ニューマン

2008-09-28

Tag :

昨日俳優のポール・ニューマンが亡くなったというニュースを読んで、ああ、ついに来たかとガックリきました。 年も年だし、ガンで闘病中との事だったので悲しいニュースもそんなに先のことではないだろうなと思ってたんですが、何事にも終わりは来てしまうんですね。

偶然だか急遽番組を変更したのか、昨晩映画「ハスラー」が放映されているのを見ましたが、やっぱりポール・ニューマンいいですねえ。 ニヤニヤと不敵な笑みを浮かべ相手を挑発する姿が、ちょっと下品なチンピラ風で例えようもなく似合ってます。 彼の演じた"ファースト・エディ"と凄腕の"ミネソタ・ファッツ"は物語の最初と最後で2度対決しますが、冷徹なプロの世界を生きる男たちの心の動きを描いて秀逸です。 ジョージ・C・スコット演じる賭博師のバートも抜群の存在感でした。

「ハスラー」の"ファースト・エディ"、「暴力脱獄」の"クールハンド・ルーク"、彼はあだ名が似合う強烈な個性を持っていました。 「タワーリング・インフェルノ」では自ら設計した超高層ビルが、そびえ立つ地獄へと化す中で消防隊長のスティーヴ・マックイーンと共に戦い、「動く標的」ではゴミ箱に捨てた出がらしを拾い上げてもう一杯コーヒーを入れる私立探偵を演じ、「明日に向かって撃て!」「スティング」では天下の男前ロバート・レッドフォードと共演してもまったく霞むことなく、常に強い印象を残してくれました。

何度もアカデミー賞にノミネートされながら初めて主演男優賞を受賞したのは86年、マーチン・スコセッシ監督の「ハスラー2」ですから遅すぎたくらいです。 僕も確かテレビで見ましたが、「ハスラー」ほどの強烈な印象は残念ながら受けませんでした。 それでもスコセッシが彼にオスカーを獲らせるつもりで撮ったとすれば嬉しいんですが。 それにしても数々の映画で色々な思い出を残してくれたスターがまたひとり去ってしまうのは、本当に寂しいものだなあ。


ハスラーハスラー 1961年
オープニングからいきなり一昼夜を超える息詰まる勝負が始まる、ポール・ニューマンの代表作。 意地と意地が火花を散らすハスラーの戦いを描いて、モノクロの画面とBGMのジャズがまた渋いんです。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...