「バック・イン・ザ・サドル」 エアロスミス 1976年

2008-10-31

ロックバンドのボーカルをやる奴っていうのは基本的に出たがり目立ちたがりで個性とパワー溢れる人が多いのが当たり前で、ヴァン・ヘイレンのデヴィッド・リー・ロスやエアロスミスのスティーヴン・タイラーなんかはその典型じゃないでしょうか。 アンプを通した大音量の楽器に負けずに歌うのは大変で、素人バンドだとギターやベースはまあまあだけどボーカルがどうもなあ・・・というのはよくある事です。 その点プロのそれも一流ボーカリスト達は頼れるものはマイクと己の肉体だけにもかかわらず、まあ元気のいいこと。

スティーヴン・タイラーは一度見たら忘れられないあの顔と、よく喉がつぶれないものだなあと感心する特徴のある声、それからステージ映えのするアクションでロックスターの資質十分です。 彼らの評価を決定づけた4枚目のアルバム「ロックス」はエアロスミス史上最もかっこいいジャケットに負けない内容で、特に最初の曲「バック・イン・ザ・サドル」は何回聴いても緊張感あふれるギターとドラムスのイントロからいきなり炸裂するスティーヴンのボーカルがロックな気分を最高に盛り上げてくれます。

ボーカルとギター2本、ベースとドラムスのハードロックをやるならこれだ! という編成が生み出すサウンドはまさに分厚い音の洪水、こういう曲こそ大音量で聴かなきゃ損ですね。 なんと言っても印象的なリフが素晴らしくかっちょいいけど、バックの演奏に乗ってステージ狭しと駆け回るフロントマンがいると、他のメンバーもますますノッてくるんじゃないでしょうか。 70年代前半、ブリティッシュ・ロックが全盛を極めていた時期から70年代の後半アメリカのロックが巻き返しを始めた頃に飛び出したエアロスミス渾身のナンバーは、やっぱり強力なボーカルがいてこそ成り立つ名曲でした。


ロックス エアロスミスロックス エアロスミス
メンバーの離散を経て見事に復活を果たしたアメリカン・ロックの大物エアロスミスが76年に発表した名盤。 オープニングの緊張感あふれるヘヴィーなナンバー「バック・イン・ザ・サドル」でノックアウト。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...