「僕の胸でおやすみ」 かぐや姫 1973年

2006-10-03

つま恋のコンサートで拓郎と共演したかぐや姫にも思い出の名曲がたくさんあります。 彼らが人気があったのは楽曲の良さだけではなく、ひとりでつっぱっていた拓郎とは違って3人それぞれのキャラクターがうまくかみ合っていて、ファンから見るとなんだか仲が良さそうで見てると気持ちよかったんです。

もちろん真っ先に思い浮かぶのは永遠の名曲「神田川」ですが、メインボーカルの“おいちゃん”南こうせつの優しく切ない歌声とメロディーがうまくマッチした「僕の胸でおやすみ」にもジ~ンときました。 暖かい出だしから胸がキュンとなるサビの部分、そしてまた優しいエンディングへと続くこの歌、良かったですねえ。

ところでフォークソングの大物たちは皆しゃべりも達者で、こうせつをはじめアリスの谷村新司、さだまさしに役者もこなす泉谷しげるや、なぎら健壱など大いに笑わせてくれます。 結局歌う人は表現者ということで、人に何かを伝えるのが上手ということなんでしょうね。


かぐや姫 さあどかぐや姫 さあど
おすすめの名曲「僕の胸でおやすみ」の他、大ヒット「神田川」も収録。 ヴァイオリンの音色であの頃がよみがえります。 彼らの人気を決定づけたサード・アルバム。


「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.1

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...