「愛を止めないで」 オフコース 1979年

2008-12-26

昨晩TBSで小田和正のライブ「クリスマスの約束」が放送されました。 毎年恒例のこの企画、いつも楽しみにしてます。 還暦を過ぎても衰えることのない美しい声は相変わらずで、観客に美人が多いのと泣いている人がいるのも相変わらずでした。 客席を走り回ったりマイクを向けて歌わせたり、じっくり彼の歌を聴きたいのにと思う人もいるでしょうが、まあライブならではの盛り上がりもあるし好きにやってもらったらいいんじゃないかと思います。

今年はどんなゲストが来てどんな曲をやるのかなと興味津々でしたが松たか子夫妻のステージ、仲良さげな雰囲気が伝わってきて良かったですね。 彼女の爽やかな歌声と上品な佇まいはやはり血筋なんでしょうか、たまたま才能があったとは思えません。 ご主人も今回初めて見ましたがいい奴みたいで納得しました。 さて、小田の曲の中ではどうしてもオフコース時代のレパートリーに惹かれるものがあるんですが、今回は2曲目に歌った「愛を止めないで」が始まると客席が皆笑顔になったのが印象的でした。

この曲は歌詞の中に"「眠れぬ夜」はいらないもういらない"という自虐的な?箇所があるんですが、全体的に甘い雰囲気たっぷりなのは「眠れぬ夜」も「愛を止めないで」も同様です。 硬派なロックファンやジャズファンなどに毛嫌いされそうな小田の歌詞は確かに冷静に読むとちょっと気恥ずかしくなるようなところがありますが、彼の場合メロディーと声の素晴らしさが詩を凌駕していると言っておきましょう。 逆に言えば彼の曲に重たく激しい詩は似合わないようにも思います。

小田和正は素晴らしい声で彼独自の世界を築き上げてきましたが、ファンからすればこの時期に聴くあの声そのものがまさにクリスマスの贈り物みたいなもので、また来年も楽しみにしています。 先のツアーで61才にして自転車に乗ってドームを疾走しながら歌う彼の姿は滑稽にも見えますが、やっぱり還暦過ぎたんだしやりたいようにやってもらえばいいんじゃないかと思います。


Three and TwoThree and Two オフコース
5人になっていよいよメジャーヒットを連発するようになったオフコース。 バンドとして広く認知されるようになりました。 小田の声がエレクトリックなサウンドにマッチするのはちょっと意外な感じがします。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...