「冷たい雨」 ハイ・ファイ・セット 1976年

2006-12-02

ある日彼氏の部屋に行ったら見知らぬ女の赤い靴が玄関にあってと、普通ならここで修羅場が展開されるところですが、そうはならずに悲しみにくれる彼女は冷たい雨の中街をさまようという、切なく悲しい物語になるのがハイ・ファイ・セットの歌った「冷たい雨」です。

作詞・作曲は荒井由実。 他にも「卒業写真」などの名曲を提供してもらってますが、こちらはユーミンが歌うより数段いいんじゃないかとさえ思えます。 このグループはなんといってもメインボーカルの山本潤子の素晴らしい歌声が最大の魅力でした。 あと10年くらいしたら人間国宝に指定してあげてもいいくらいの日本音楽界の宝物だと思います。

後にグループのひとり、ヒゲのおじさんが泥棒で逮捕されたのにはビックリしましたが、人生どこでどうなるやらわからないもんです。 山本潤子はもちろん今でも音楽活動を続けていて、サッカーの日韓ワールドカップの年だったか、「赤い鳥」時代の名曲「翼をください」を聞いて若者たちも彼女の歌声に感動しただろうと思うとなんだか嬉しいような誇らしいような気持ちになりました。 「俺は昔から知ってんだぞ」という、中年ならではの喜びというものでしょうかね。


CD&DVD THE BEST ハイ・ファイ・セットCD&DVD THE BEST ハイ・ファイ・セット
山本潤子の素晴らしい歌声を聞くだけで幸せ。 透明で艶と伸びのある芸術品です。 荒井由実作の「卒業写真」は本家を凌ぐ出来映えだなと思います。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.1

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...