「ハード・タイムス」 ボズ・スキャッグス 1977年

2009-02-26

ボズ・スキャッグスがアルバム「アザー・ロード」を発表した頃の来日公演を見に行ったことがあるんですが、一曲目は「ロウ・ダウン」で始まるんじゃないかと思ってたら期待通りあのドラムのイントロが場内に響いて非常に嬉しかったのを覚えています。 白い長袖のシャツと黒いパンツというシンプルな衣装のボズはとにかくかっこよくて、アルバムで聴くよりもはるかにパワフルな歌声にも感動しました。

まあ実物を見たという興奮とPAの効果もあったんでしょうが、歌の上手さは当たり前ですがまさにプロという感じでしたね。 ボズといえば70年代の後半から80年代の前半にかけて隆盛を極めたA.O.R.の代名詞のような存在でしたが、大ヒットした「シルク・ディグリーズ」の翌年発表された「ダウン・トゥー・ゼン・レフト」もやや地味なイメージはありますが、名曲揃いの名盤です。

ライブでも演奏したハードなナンバー「ギミー・ザ・グッズ」が当時は一番のお気に入りだったんですが、改めて聴き直してみていいなと思うのは2曲目の「ハード・タイムス」ですね。 ♪ I am down in the sea of confusion ~ という歌い出しはセクシーでゾクッとするような魅力があります。 リズム・ギターやキーボード、コーラスなどのアレンジも秀逸ですが、なんと言っても亡くなったジェフ・ポーカロのドラムの気持ちいいこと。

このアルバムは派手さはないんですが全体を通してお洒落で粋な雰囲気が漂っていて、その中を流れるボズのボーカルにはなんともいえない寂しげな味わいがあって、そこがまたいいんです。 聴いたことのない方には是非お勧めしたいんですが、あの独特の声が最も輝いていたのは売れっ子ミュージシャンをバックに気持ち良さそうに歌っていた、この頃のバラードやミディアムテンポのナンバーじゃないかと思うんですけれど、いかがでしょう。


ダウン・トゥー・ゼン・レフトダウン・トゥー・ゼン・レフト
A.O.R.の傑作「シルク・ディグリーズ」とハードな「ミドルマン」に挟まれてやや目立ちませんが、ボズのボーカルと一流ミュージシャンの演奏、そしてアレンジの妙に酔いしれるこれぞ大人のロック。 名盤です。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...