スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オールド・ファッションド・ラブ・ソング」 スリー・ドッグ・ナイト 1971年

2009-04-29

ちょっと籠もったような音だけど感じのいいキーボードで始まる「オールド・ファッションド・ラブ・ソング」は、切なく美しいメロディーにうっとりしていると予想外のラグタイム風で明るい後半へと続くところが新鮮でした。 そもそもボーカル3人プラスバックバンドというスタイルが珍しかったんですがここが彼らの持ち味でもあり、曲中に「Comin' down in 3-part harmony」という歌詞が出てくるし、この曲を収めたアルバムのタイトルも「Harmony」です。

歌詞とアルバム名と彼らのバンド構成に共通点があるのは、意識してのことなのかそうでないのか不勉強にしてよく分かりませんが、あると考えるのが自然なんじゃないでしょうか。 スリー・ドッグ・ナイトはこの曲の他にも「喜びの世界」や「ブラック・アンド・ホワイト」「ワン」などのヒット曲を持っていますが、多くのバンドが自作曲を演奏する中、彼らは外部の作家たちの曲をヒットさせたところにその特徴があります。

「オールド・ファッションド・ラブ・ソング」はカーペンターズの「雨の日と月曜日は」や「愛のプレリュード」をロジャー・ニコルスと共作したポール・ウィリアムスの曲で、この人の写真を見ておお、この男か。と急に思い出してしまいました。 小柄で丸顔の彼は俳優もやっていて、確かロバート・レッドフォード主演の映画に出演していたのを見た記憶があるんですが、何という映画だったかもう忘れてしまいました。

僕の記憶違いだったのかネットで調べても分かりませんでしたが、映画のラストに近いところで群衆の中のひとりとして感じの悪い役柄でちょっとだけ出てたような。 スリー・ドッグ・ナイトよりこっちの方がなんだか気になってしまって脱線気味ですが、ポール・ウィリアムスが作った名曲と彼の容姿がどうも噛み合わなくてやっぱり気になります。 まあ人を見た目だけで判断してはいけませんが。


Harmony スリー・ドッグ・ナイトHarmony スリー・ドッグ・ナイト
ヒット曲を量産したスリー・ドッグ・ナイトが71年に発表したアルバムです。 タイトルはボーカル3人を擁した彼らを象徴しているようですね。 古き良きアメリカを思い出させてくれるグループじゃないでしょうか。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.4

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。