スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ダーティー・ハリーのテーマ」 ラロ・シフリン 1971年

2009-05-31

Tag :

中学の時に見た「ダーティー・ハリー」の音楽を担当したのがラロ・シフリンだということは知っていましたが、この変わった名前の音楽家について詳しいことは知りませんでした。 調べてみたらブエノス・アイレス生まれのアルゼンチン人で、パリへ留学後にアメリカへ移住したピアニストだそうです。 ところで話は変わりますが、ブエノス・アイレスやプラハっていう地名に、なんだか胸がキュンとすることってありませんか?

それはともかく彼の手がけたサントラには有名な「燃えよドラゴン」「スパイ大作戦」の他スティーヴ・マックイーンが溜め息出るほどカッコ良かった「ブリット」、追悼記事で書いたポール・ニューマンの「暴力脱獄」など出るわ出るわ、まあ凄い人なんですねえ。 今回の「ダーティー・ハリーのテーマ」は小学校時代からの友人と見に行った映画の印象が鮮烈だったので取り上げたんですが、肝心な音楽については正直なところよく覚えてません。

出演者よりも先に音楽が頭に浮かびそうなくらい強烈な印象を残した「スパイ大作戦」はラロ・シフリンのオフィシャル・サイトのテーマミュージック(※ボリューム注意)にもなっていますし、「燃えよドラゴン」は高校の文化祭でブラスバンドが演奏して、男子ほぼ全員で「ホワァ~ッ!!」と合唱して盛り上がりました。 対する「ダーティー・ハリー」の音楽はあくまで映画を効果的に演出するための道具だったんでしょうか。

ドラマ「ローハイド」で見覚えのあったクリント・イーストウッドはヒョロリとした長身の青年から渋みの増した大人の男へと変貌していて、映画の冒頭サングラスにエルボー・パッチのついたジャケットを着て登場するところからもう格好良かった。 今でもよく覚えているのは映画のラスト、ハリーが銃を降ろすフリをして子供を人質に取った犯人を射殺するシーンで、前の席に座っていたオッサンが手を叩いて大声で「うまいっ!」と叫んだことで、僕と友人は呆気にとられてしまいました。

あのオッサンも全身で映画を楽しんでいたんだなあと思うとなんだか微笑ましい気持ちにもなりますが、今よりももっと映画が大衆の娯楽だった時代の懐かしい出来事です。


ダーティー・ハリー ラロ・シフリンダーティー・ハリー ラロ・シフリン
大柄でしかも渋い男前だからS&W M29がサマになってました。 映画界で最も大型のリボルバーが似合う男です。 オートマチックではなくて。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.5

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。