「サインはピース」 オーシャン 1971年

2009-06-19

ピースサインというのは今でもカメラを向けられるとポピュラーなポーズで、あのVサインをするかどうかが大人と子供の境目だったりしますが、昔はピースマークというのもありました。 こういうブログに興味のある方には馴染みもあるかと思いますが、どういうものかというのはWikipediaなどでご覧ください。

カナダのオーシャンというバンドが71年にリリースした"Put your hand in the hand"という曲には「サインはピース」という邦題がついていて、今聞くとそりゃないだろうと思えても時代の雰囲気を見事に捉えた名タイトルだったのかもしれません。 僕も中学生だった当時は何の違和感もなくいい曲だなあなんて思ってました。 ラジオから流れてくる洋楽ポップスが、好奇心旺盛な坊主頭の耳に心地よく染みこんでいた頃のことです。

イントロの軽快なドラムが気持ちの良いこの曲は調べてみたらゴスペル・ソングで、今でも耳に残る「ギャリーリー」という言葉はイスラエルのガリラヤ地方、歌詞の中の"the Man from the GaLilee"とはイエス・キリストのことなんだそうです。 そんな事など知る由もない中学生にはただこの曲が明るいアメリカのフォークソングに思えて(実際はカナダでした)、様々なミュージシャン達の名曲と共にウブなハートに届いてたんです。

70年代の初め、中学生の頃に聴いた洋楽ポップスには印象に残る曲が多くて、これまでも「恋のかけひき」「ナオミの夢」「嵐の恋」など多数このブログで取り上げて来ましたが、他にもルー・クリスティーの「魔法」やリン・アンダーソンの「ローズ・ガーデン」など懐かしい曲がたくさんあります。 多感な思春期に聴いた音楽って、いつまでも忘れられないものですね。


オーシャンPut Your Hand in the Hand オーシャン
シンプルというかそのまんまというか。 裏ジャケットはメンバーなしでさらにシンプルな写真です。 シングルはもっと明るい雰囲気のジャケットだったと記憶してるんですが。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...