スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「傷だらけの天使」 井上堯之・大野克夫 1974年

2009-07-28

Tag :

僕が小学生の頃、GSで人気があったのは女子にはジュリー、男子にはショーケンだったように思います。 アイドルの要素たっぷりだった沢田研二に対して萩原健一はちょっと男っぽいイメージもありましたが、「ショーケンはミミズを見ると"キャ~、メメズ~!"と叫んで逃げる」と言った友人がいました。 真偽のほどは定かではありませんが、小学生の日常会話に出てくるくらい彼らは人気があったということです。

70年代に入ってふたりはPYGというバンドに参加しましたが、これは両雄並び立たずですぐに解散してしまいました。 さらに彼らは俳優業にも進出して、これがまあどちらも素晴らしく個性的でインパクトがありましたが、一歩先に俳優としてスタートを切ったショーケン主演の「傷だらけの天使」は74年から75年にかけて放送されたドラマで、元ザ・スパイダースのふたりが担当したテーマ曲が流れるオープニングだけでもう僕たちを惹きつけました。

怪しげな探偵社で働く萩原健一と水谷豊のふたりは、サラリーマンなど勤まりそうにない軽薄でチンピラな雰囲気が最高でした。 制作陣も脚本は「ウルトラセブン」の市川森一や「俺たちの旅」の鎌田敏夫、監督は「仁義なき戦い」の深作欣二や「必殺シリーズ」の工藤栄一など有名どころがズラリと並んで壮観です。 まあ当時は誰が作っているかなんて気にしていなかったんですが。

軽快なオープニングテーマを手がけた井上堯之と大野克夫は「太陽にほえろ!」のテーマも担当してこのドラマも大ヒットしましたが("マカロニ"萩原健一から"ジーパン"松田優作へと続いていく頃が最高でした)、グループサウンズで活躍した人たちって才能豊かであちこちに顔を出してますね。


傷だらけの天使傷だらけの天使
主演のショーケン始め水谷豊・岸田今日子・岸田森などの個性的な役者たち、ドラマを作るスタッフもバラエティー豊かで豪華でした。 最近のテレビドラマはどうもお手軽で興味が湧きません。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.5

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。