「ステイン・アライブ」 ビー・ジーズ 1977年

2009-09-29

映画「サタデー・ナイト・フィーバー」で大ブレイクしたジョン・トラボルタが、長い低迷期を経てタランティーノの「パルプ・フィクション」にふたまわりくらい太って、しかも悪役で登場したのはインパクトがありました。 その後も「ブロークン・アロー」や「フェイス・オフ」、そして現在公開中の「サブウェイ123激突(ひどい邦題・・・。)」と、完全に悪役を自分のものにしましたね。

さて、「サタデー・ナイト・フィーバー」は確か学生のときに観に行ったはずなんですが、肝心の内容は完全に忘れてしまってます。 覚えているのはトラボルタのキメポーズと、バックに流れるビー・ジーズの曲だけで、「メロディ・フェア」のイメージをガラリと覆すファルセット・ボイスのボーカルはある意味衝撃的でした。 美しいメロディーとハーモニーが売り物だったはずの彼らがまさか、と思ったんですね。

それでもリフが印象的な「ステイン・アライブ」は、あらためて聴いてみると不思議と体がリズムに乗ってしまう曲ですね。 いったいどこからあんな声が出るのかと思うようなボーカルが一部分だけではなく全編を通して続くんですが、聴いているうちに最初の違和感が消えてくるのは巧みなアレンジのせいもあるんでしょうけれど、如何にもディスコといった前ノリのリズムに飲み込まれてしまうんでしょうか。

僕が知らなかっただけでビー・ジーズのアルバムの総売上枚数は全世界で2億5千万枚以上、まさにスーパー・グループです。 長身でハンサムなバリー・ギブと双子の弟モーリスとロビン、ここになぜ末弟のアンディが参加しなかったのかなと思ってたんですが、年齢が離れすぎていたからだとか。 彼はソロでデビューして成功したものの30才の若さで亡くなってしまいました。 モーリスも2003年に亡くなって、もうビー・ジーズを名乗って活動することはないそうです。

今年11月には結成50周年を記念して、ギブ4兄弟それぞれの楽曲を収録した4枚組ボックスセット「ミソロジー」がリリースされますが、ここで兄弟勢揃いするというのは残ったバリーとロビンにとって感慨深いものがあるでしょうね。


サタデー・ナイト・フィーバーサタデー・ナイト・フィーバー
世界中にディスコ・ブームを巻き起こした映画のサントラ。 グラミー賞も獲得して3,000万枚以上売れたそうです。 ビー・ジーズのイメージもガラリと変わりました。 煌くフロアに君臨するトラボルタの雄姿を見よ!

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.5

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...