スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「心の旅」 チューリップ 1973年

2009-10-12

ふとした時に聴きたくなる曲というのがあって、僕にとってチューリップの「心の旅」もそんな曲のひとつです。 夏の名残もほぼ消え去って、朝晩涼しいというよりも寒く感じる時期なんかによく頭に浮かんできますね。 この曲は高校に入学した年にヒットして、今でも高校生活の何気ないひとコマと共に思い出すことがあります。

いきなり印象的なサビの部分から始まるスタイルは次のシングル「夏色のおもいで」にも受け継がれましたが、メンバー全員で歌うオープニングから甘い声の姫野さんのソロパートへ移るところも新鮮でした。 リーダーの財津さんをあえてリードボーカルに据えなかったのは正解だったんでしょうね。

切ない思いを振り切るようなサビのメロディーと、姫野さんの歌う静かなメロディー。 別れと旅立ちをテーマにした曲の内容が、福岡から上京してプロデビューした当時の彼らの思いと重なるところがあるんだと思います。 夢や希望、別れや挫折はいつもゴッチャになって青春の中にありますよね。 そんな多感な時期にあのメロディーを耳にしたら、もう忘れられません。

チューリップの名を世に広めた大ヒット曲であまりにベタな選曲かとも思えますが、やっぱり素直にいいものはいいなあと思える名曲のひとつでもあり、こういう感覚はフォークソングを久しぶりに聴く時にもよくあります。 カラオケでひとりで歌うのは気恥ずかしいけど、高校時代の同級生が集まったら確実に全員大声で歌う曲なのは間違いありません。


The Best Of TulipThe Best Of Tulip
「心の旅」はもちろん、地元福岡のファンにはうれしい「博多っ子純情」も収録のベスト。 やたらとベストアルバムが発売されているのは、それだけ名曲が多い証拠と前向きに考えたいと思います。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.5

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。