「色づく街」 南沙織 1973年

2009-10-25

Tag : 南沙織

若い頃は真夏の暑さに街が白っぽく見える雰囲気が好きだったりしましたが、最近は汗っかきでめっきり暑さに弱くなってしまいました。 もともと寒さには弱いので、好きな季節が春と秋に限定されてきたのは不便なんだかメリハリが効いていいんだか。 僕の住む関西地方もそろそろ紅葉の季節ですが、今回は色づく秋の街を背景に終わった恋を歌う南沙織です。

「色づく街」は別れをきっかけに、少女から大人の女性へと変わってゆく微妙な年頃を描いた曲で、筒美京平のメロディーをちょっと大人っぽく感じる南沙織が歌っています。 この曲を歌っていた頃の彼女は19才で、ちょうど歌の内容と年齢がうまくかみ合っていたいたのかもしれません。 「17才」でデビューしてから2年、いい感じで大人の雰囲気が身に付いてきてたんでしょうか。

しかしあらためて聴いてみると南沙織って歌が上手いんですね。 はずむようなヴィブラートが爽やかな彼女のイメージにピッタリで、艶やかな長い髪と大きな瞳をより引き立てているように思います。 正直言うと当時は「17才」のイメージだけで彼女を捉えていて、マイナーなメロディーの曲も歌いこなす歌手としての実力に気が付いていませんでした。

篠山紀信と結婚して子供が3人もいるというのはいまだに信じがたい思いですが、篠山さんはファインダー越しに彼女に魅せられたのか、南さんはカリスマ写真家の持つ独特の雰囲気に魅せられたのか、分野は違っても才能が才能を呼んで惹かれあうというのはなんだか分かる気がします。


南沙織The Best Cynthia-ly 南沙織
デビューから78年の引退までに発表した曲からセレクトしたベスト。 "シンシア"という愛称が本当に似合う正統派清純アイドルでした。 「早春の港」「17才」「色づく街」など歌唱力も素晴らしい。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.5

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...