「よこはま・たそがれ」 五木ひろし 1971年

2009-11-08

Tag : 五木ひろし

普段すすんで演歌を聴くことはないんですが、これからの寒い季節ってなんだか日本の歌が恋しくなったりします。 たまにテレビで見る演歌歌手たちの歌の上手さには時々ゾクッとするようなことがあって、じゃあ誰の曲にしようかと思ったら五木ひろしの「よこはま・たそがれ」が浮かんできました。

愛嬌のある細い眼と握りコブシがトレードマークの五木ひろしが歌った「よこはま・たそがれ」は、1971年の日本レコード大賞歌唱賞を受賞した名曲です。 低音で始まる導入部から高音のサビの部分まで、なるほど歌唱賞を取るだけのことはあるなと納得の実力で、元々歌は上手いわけですからどんな曲に出逢うかで歌手の運命は決まるのかもしれません。

山口洋子の手になる歌詞には"ホテルの小部屋" "くちづけ 残り香 煙草の煙"と、大人の情事を連想させる言葉が最初から連発で、この歌がリリースされた頃中学生だった僕には刺激が強すぎたのか、特に"ホテルの小部屋"というフレーズは強烈に印象に残っています。 まだ見ぬ世界に憧れや興味を持つのは、まあ男子として当然のことでしょう。

ただこの人、コテコテの演歌歌手というイメージではなくて、ギターの弾き語りもやるしどこか人の良さも感じられて、ちょっとポップなイメージが僕にはあるんです。 坂本冬美も以前忌野清志郎や細野晴臣と共にユニットを結成して意外な驚きを与えましたが、実力がベースにあるからこそ生まれた企画ですよね。

でもイメージこそが演歌の命、あえて本道をはずさずファンの期待を裏切らないようにしている部分もあるかもしれませんね。 あくまでも勝手な想像ですが。 若い頃は見向きもしなかったはずの演歌がなぜか心の中に残っているのは、やっぱり日本人の心に染み込む独特の魅力があるからだと思います。


五木ひろし全曲集 スーパーヒットコレクション五木ひろし全曲集 スーパーヒットコレクション
安定感や安心感というのがこの人の持ち味かもしれません。 コテコテなだけではない、親しみやすさを持った演歌界のスーパースター、五木ひろしの全曲集です。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...