スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ファインド・アウト・アバウト・ラブ」 バックマン・ターナー・オーバードライブ 1975年

2009-11-29

名盤「Not Fragile」発表当時のキャッチ・コピーが「驚異のロックンロール・マシーン!!」で、これはジャケットやバンド名、そして内容にもマッチした宣伝文句だなと思うんですが、シングルの邦題には疑問符の付くものもあって、B.T.O.5枚目のアルバム「ヘッド・オン」からヒットした「愛にさまようロックン・ローラー」はあんまりじゃないでしょうか。

原題「Find Out About Love」は、体格に似合わない哀愁を帯びた声で歌うランディ・バックマンのボーカルと適度にポップでマイナーなメロディーがまことによくマッチしたナンバーで、体形のよく似たベースのC.F.ターナーの野太いボーカルとギターのリフがカッコいい「ハイウェーをぶっ飛ばせ!(この邦題は気に入ってます。)」とは対照的です。

失礼ですがカナダ出身のゴツくてむさ苦しいオッサン(ランディの事です。)が書いたとは思えないようなこの曲は、ギターのイントロからしてリスナーのハートを掴むようなところがあって、どこか懐かしい感じもするメロディーを聴くと、この人ソング・ライティングの才能があるなと思います。

一番の聴き所は一分半近いギターの間奏で、メロディアスでいいんですこれが。 だけどバンドとしてハードに行くのかポップに行くのか、メンバーの間には迷いもあったようで、ランディは一時バンドを脱退してしまいます。 まあよくある事ですが、このアルバム以降B.T.O.はだんだんとスピードが落ちてハイウェーをぶっ飛ばすどころではなくなってしまいました。

詳しくは知らないものの「アメリカン・バンド」のグランド・ファンクや「チャイナ・グローブ」のドゥービー同様、イギリスのバンドとは違った単純明快で豪快なところが彼らの持ち味だと思ってたんですが、豪快なだけではない繊細さも感じさせてくれた曲が今回の「ファインド・アウト・アバウト・ラブ」でした。


ヘッド・オンヘッド・オン B.T.O.
もともとは4人のメンバーの写真で4分割されたジャケットだったんですが、輸入盤はどういう事情かランディ・バックマンのどアップになってます。 「B.T.O. は俺のバンドだ!」ってことなんでしょうか。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.5

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。