「ハートブレイカー」 パット・ベネター 1979年

2009-08-10

女性がシャウトするロックもなかなかカッコイイもので、過去にもジャニス・ジョプリンの「ムーブ・オーバー」やアンとナンシーのウィルソン姉妹のハートで「バラクーダ」などを取り上げましたが、よくよく考えてみたら洋楽では3曲だけでした。 70年代のロックは圧倒的に男性社会ってことなんでしょうね。

そこでもうひとり、次は誰にしようかと迷ってたらこの曲を思い出しました。 パット・ベネターの「ハートブレイカー」。 これまで出てこなかったのはほとんど彼女のことを知らなかったからで、こと70年代に関しては残念ながらこの曲以外記憶にないんです。 だけど久々に聴いてみたら、シンプルでかっこいいロックンロールですね。

YouTube で見る彼女は意外と華奢な感じですが、レコードではファルセットで歌うサビの部分もライブでは迫力のある地声でガンガン押していて、この人ライブでこそ本領を発揮するタイプなのかもしれません。 バックのメンバーも彼女以上に張り切ってたりして、曲の構成もメロディーもシンプルだからこそ、ライブで盛り上がるんでしょう。

パット・ベネターは80年代に入ってから大活躍しますが、この頃の彼女についてはどういう訳かまったく頭の中から消えていました。 当時花の都東京で都会の香りがする生活や音楽(典型的な地方出身者ゆえか?)に夢中になっていた自分には「ハートブレイカー」のイメージが強すぎたからでしょうか。 時は流れて音楽に限らずシンプルなものに惹かれるのは、オヤジに、いや大人になったからだという事にしておきます。


パット・ベネターIn the Heat of the Night パット・ベネター
いきなり「ハートブレイカー」でぶっ飛ばす79年のデビュー・アルバム。 挑発的なコスチュームとキツめのメイク、そして官能的なポーズで気合が入ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...