「白い冬」 ふきのとう 1974年

2006-12-24

毎年冬になると思い出すのが、ふきのとうの名曲「白い冬」です。 まるで女性のようなハイトーン・ボイスのボーカルと美しいハーモニーが持ち味のデュオですが、正直言うとこの曲以外のことはよく知りません。 でも、1曲だけでも心に残る曲を知っていたら、それだけでも何だか得したような気になるじゃありませんか。

メイン・ボーカルは細坪さんという人だそうで、声質と名前がなんとなく一致してます。 「ふきのとう」という名は、毎年春が待ち遠しい北海道出身のグループだから付けたんでしょうか。 「白い冬」は歌詞に「悲しい白い冬」とあるように、終わってしまった恋を秋、そして冬という季節とともに歌い上げた曲ですが、彼女との思い出はそう簡単に「秋の枯葉の中に」捨てられるものじゃありません。 冬の訪れとともに胸が切なく疼く気持ちはよくわかりますけどね。

だいたい男のほうが未練がましくて過去を引きずったりするなんてよく言われますが、それでもいいじゃないですか。 甘い思い出や、切なく苦しい思い出を歌にして女の子みたいな声で歌ってなにが悪い!って怒ったってしかたがないんですが、多くの人の心に残る名曲というのはどこか未練がましいような往生際が悪いような、すっぱりと割り切れないような思いがこもっているような気がします。


ふきのとう SINGLES Iふきのとう SINGLES I
毎年寒くなってくると思い出す名曲「白い冬」。 アルバムのジャケットは「ふきのとう」の早春のイメージです。 シングルAB面全曲コレクションの前篇。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.1

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...