「ジェラス・ガイ」 ジョン・レノン 1971年

2009-12-31

今年最後の記事は、ジョン・レノンの「ジェラス・ガイ」です。 12月はたぶん多くの音楽好きにとってジョン・レノンが亡くなった月としていつも心の何処かに引っかかる月でもあるんじゃないでしょうか。 僕はジョンの熱狂的ファンではありませんが、ビートルズ時代からソロ時代まで、彼の書いた曲には心惹かれるものが本当にたくさんあります。

「ジェラス・ガイ」はピアノの伴奏が印象に残る美しい曲で、「君を傷付けるつもりはなかったんだ・・・」と不器用に愛を表現する男のラブソングです。 ちょっと甘えた響きのある彼の声が、この曲にピッタリですね。 ソング・ライティングの才能があるのはもちろん、シャウトして良し優しく歌ってもちろん良し、改めてジョン・レノンは声そのものに魅力があるミュージシャンだなと思います。

だけど彼の書く曲には痛々しささえ覚えることがあって、奔放な言動や迸る才能の裏側にはいつも繊細な顔が隠れていたような気がします。 無事に年を重ねていればどんな曲を書いてくれたのかなとよく想像しますが、それを望んでも詮ない事ですね。 今年最後のアップは静かな曲で締めくくろうとこの曲を選んだんですが、如何でしょう。  来年は良い年になるといいですね。


ImagineImagine ジョン・レノン
大ヒットしたタイトル曲始め、ジョン・レノンのソロ・キャリアの中でも人気の1枚。 このジャケットにふわぁ~っとした何とも言えない気分になります。 「ジェラス・ガイ」や「オー・マイ・ラブ」などの名曲収録。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...