「カナダからの手紙」 平尾昌晃&畑中葉子 1978年

2010-01-26

もうすぐ始まる冬季オリンピックの開催地はカナダのバンクーバーですが、カナダと言えば何故か手紙が頭に浮かんできて、今回は「カナダからの手紙」です。 平尾昌晃は歌手として成功した後作曲家としても大活躍、このブログで取り上げた曲だけでも「グッド・バイ・マイ・ラブ」「よこはま・たそがれ」、それに「瀬戸の花嫁」と3曲ありました。 伊東ゆかりが歌った「恋のしずく」なんかも良かったですね。

その彼が教え子の畑中葉子とデュエットで歌ってヒットしたのが「カナダからの手紙」です。 当時平尾昌晃は40才、畑中葉子は18才で、年の差カップルが歌う正統派歌謡曲はタイトルの妙なインパクトもあって注目を集めました。 なんでカナダ?なんでまた平尾昌晃が?この女の子だれ?という感じでしょうか。

作曲家自ら歌ってヒットした曲と言えば森田公一とトップギャランの「青春時代」も思い出しますが、いわゆるシンガー・ソングライターの歌とはちょっと違って、なんと言いますかベタッとした味わいがありました。 昭和そのものと言いますか。 平尾さんは昭和の男前、畑中さんも昭和の薫りプンプンで、彼女がその後日活ロマンポルノへと転身したのには驚きましたが。

しかし改めて「カナダからの手紙」を聴いてみると ♪息が止まるようなくちづけを~ というサビの部分、歌詞とシンクロして秀逸な出来栄えですね。 ゾクッとくるようなメロディーラインは、さすがはプロの作曲家。 畑中葉子が最初のソロパートで ♪どんなに楽しい旅でしょう~ と歌いだす部分はやっぱり若いんだなと思わせる声ですが、あの声の出し方こそが彼女の特徴だと思います。

会社の飲み会で部下の女の子とこの曲を歌おう、なんていう方がいらしたら、自戒の意味も込めて「セクハラ!」とか言われないよう日頃の立ち居振る舞いに気を付けましょう。


畑中葉子 Golden☆Best畑中葉子 Golden☆Best
後ろから前から」「もっと動いて」「左手で愛して」など、クラクラするタイトルがいっぱい。 だけど歌の上手さには改めて感心しますね。 現在はカラオケサークルを主催されているようです。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...