スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ボクサー」 サイモンとガーファンクル 1969年

2010-03-26

高校時代に放課後の教室で、一足先にギターを始めていた友人がサイモンとガーファンクルの「ボクサー」のイントロを聴かせてくれて、(ちなみにイントロだけ。)自信たっぷりに「凄いやろう!」と言ったので僕は素直に凄いと思ってしまいました。 今思えば普通に学校にギターを持ってきてあちこちの教室で弾いていたというのが、なんとも幸せな時代だったなあと思います。

中学高校の頃はもちろん日本のフォークソングも好きでしたが、サイモンとガーファンクルの歌には泥臭くもなければ暗くもない洗練された雰囲気があって、そこがまず気に入ったんでしょうね。 大ヒットした「明日に架ける橋」や「サウンド・オブ・サイレンス」がたぶん入り口だったと思うんですが、あれこれ聴いてみると本当にいい曲が多くて、学校内でも彼らは人気がありました。

その後僕もクラスメートから中古のアコースティック・ギターを5,000円で手に入れて、いきなりS&Gは難しそうだったのでとりあえず日本のフォークからちょっとずつ練習を始めましたが学校へ持っていくのはなんだか照れくさく、かと言って自宅では大きい音も出せず、遠慮なく弾けるようになったのは大学へ入学してからです。

ただ驚いたことに大学へ入って最初に買ったギターがエレキだったかアコギだったか思い出せなくて、う~ん、記憶力の低下が恐ろしい。 それはともかく「ボクサー」のアコースティック・バージョンを聴くと、オリジナルのアレンジがちょっと大袈裟なようにも思えますが、よくよく聴き直してみればラストのシンプルなギターが際立って聴こえるのはあの盛り上がるアレンジがあってこそかもしれません。

スリー・フィンガーのお手本のようなポール・サイモンのギター、この人本当に上手いですね。 ちなみに僕は未だにボクサーのイントロ弾けないままです。


明日に架ける橋明日に架ける橋
グラミー賞の最優秀アルバム賞を受賞した名盤。 S&G最後のスタジオ・アルバムとなりました。 69年にシングルで発売された「ボクサー」は、翌70年このアルバムに収録。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.5

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。