「やさしい悪魔」 キャンディーズ 1977年

2010-04-01

Tag : キャンディーズ

先日話題のradiko(※今のところ関東と関西、一部の地域限定のサービスです。)で坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポン・ゴールドという番組を聴いてたら、「ケーホー」の話題で下品に盛り上がっていて、ひと安心しました。 拓郎も元気そうだなと。 今回はその吉田拓郎と喜多条忠のコンビの作品をキャンディーズが歌った「やさしい悪魔」です。

最近の女性3人組といえばパフュームだけど、なかなかいいなと思いますがあれはプロデュースの勝利でしょうね。 もちろん3人ともそれなりに可愛いんですが、すでに過去の遺産となった感のあるテクノ・ポップをもう一回引っ張り出してうまく味付けしたところがいいですね。 あのコキコキした振付も最初に見たときは、おっ、斬新!と思いました。 冷静に考えれば昔見たことありそうなんですが。

さて、対するキャンディーズはそれぞれの個性がよりはっきりしていて、作家にも恵まれていたし何よりも親しみやすく愛される存在でした。 拓郎もキャンディーズのファンだったそうで、たぶん大喜びで「やさしい悪魔」を書いたんでしょう。 彼は作詞の喜多条忠とのコンビで「アン・ドゥ・トロワ」も手掛けていますが、可愛いだけではないちょっと大人のキャンディーズを見せたかったんだと思います。

「やさしい悪魔」は小悪魔的なこれまでに見たことのない彼女たちを、同じ年にリリースされた「アン・ドゥ・トロワ」は美しいハーモニーでより大人の彼女たちを見せてくれて、「年下の男の子」の頃に比べるとかなりイメージが変わりました。 これもいわゆるプロデュースの力によるものなのか彼女たちが成長していったのか、はたまた元々スターになるべくしてなったのか、どうなんでしょう。

ところでランちゃんのご主人の水谷豊によれば、年に2回ほど水谷さん宅にミキちゃんとスーちゃんが遊びに来て夜遅くまで同窓会で盛り上がっているそうで、なんと羨ましい。 その様子をYouTubeにアップしたら記録的な再生回数を達成するだろうけど、まあそれは無理でしょうね。


キャンディーズ GOLDEN J-POP/THE BESTキャンディーズ GOLDEN J-POP/THE BEST
どうですか、この可愛らしさ! ひとりひとりは飛び抜けていなくても、3人揃うと相乗効果がありますね。 いまだに3人組で彼女たちを超えるグループは現れていません。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.5

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...