「モーニング・ダンス」 スパイロ・ジャイラ 1979年

2010-04-07

スパイロ・ジャイラの「モーニング・ダンス」は多分ジャケ買いだったと思います。 もうかなり記憶も薄れてしまいましたが、このアルバムを購入した当時はフュージョンが好きだった事と、就職して東京に住むようになって感性のアンテナがビンビンになっていた時期で、デヴィッド・サンボーンの「夢魔」もジャケ買いで成功した1枚でした。

自分の知らないミュージシャンのアルバムを、レコード店でカンを頼りに手に入れて当たった時はそれは気分のいいもので、「元々いいアルバムなのをお前が知らなかっただけだ」と言われたらそれまでですが、レコードを両手の人差し指と中指でタカタカとめくりながら今度はどんなアルバムにめぐり逢うのかと探しまわるのは楽しかったです。

"スパイロ・ジャイラ"という聞き慣れないバンド名と、リーダーでサックス担当の"ジェイ・ベッケンスタイン"という名前が発する言葉の響きも多分気に入ったんだと思います。 肝心の中身の方はというと、当然のことながら1曲目の「モーニング・ダンス」だけでも大満足で、コンガやマリンバ、スティール・ドラムがトロピカルな雰囲気を盛り上げる中を流れるジェイ・ベッケンスタインのアルト・サックスのなんという気持ち良さ。

彼はアルバムの中でアルトだけではなくソプラノやテナーも吹いているんですが、個人的に一番好きなのがアルト・サックスの音で、サンボーンの「夢魔」が先だったのかこちらが先だったのかもう忘れてしまいましたが、重すぎず軽すぎず、エモーショナルで流れるようなあの感じがいいですね。 フュージョンと呼ばれるジャンルにも一番フィットしていたように思います。

彼らのアルバムはその後「遥かなるサンファン」を購入してそれきりでしたが、現在も活動を続けているそうで、長い間忘れていたくせになんだかホッとします。 フュージョンを聴き漁っていた頃は今思えば都会かぶれで、より洗練されたお洒落な物や事へと関心が向かっていた時期でした。 だけどやっぱりあの頃フュージョンは気持ち良くてカッコ良かったと思います。


モーニング・ダンスモーニング・ダンス
濃密すぎるくらいトロピカルなジャケット。 「スパイロ・ジャイラ」という変わった名前のグループは、ここから一気にブレイクしました。 大ヒットしたタイトル曲は、何度聴いてもこの上ない気持ち良さです。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...