番外編 12. 「アイルランドの子守唄」

2010-04-21

Tag :

ジョージア州オーガスタで開催されたゴルフのメジャー第1戦マスターズ・トーナメントは、最強のレフティー、フィル・ミケルソンの優勝で幕を閉じました。 全身黒ずくめのウェアにグローブだけ白のミケルソンは気合が入ってましたね。 僕の好きだったフレッド・カプルスは健闘しましたが、彼ももう50歳で髪が白くなっていたのが印象的でした。

20代の終り頃から十数年ゴルフに夢中になっていた時期がありまして、調子のいい時はあれほど楽しいものはありません。 ゴルフ場までのドライブ、緑のフェアウェイ、青空を切り裂いて飛んでいく白いボール。 もちろん、いつも調子がいい訳などなくて、コースと同じでアップダウンの繰り返しですが。

ところでゴルフというと思い出す映画があって、たぶん日曜洋画劇場かなにかで見たんだと思うビング・クロスビー主演の「我が道を往く」。 経営難の教会へやってきた新任の神父と老神父、そして彼らを取り巻く人々を描いた映画なんですが、この中でふたつ印象的なシーンがありました。

ひとつはクロスビー演じる若い神父とバリー・フィッツジェラルド演じる老神父がゴルフへ行くシーン。 もうひとつは、クロスビーがフィッツジェラルドに子守唄を歌ってあげるシーン。(大人が大人に、です。) どちらもほのぼのと心が暖かくなるようなエピソードですが、改めて映画評などを読んでみたら最後に感動的なエピソードがあって、何故だかここは覚えてないんです。

白黒の画面、善良な人々、記憶に残るメロディー。 もうこういう作品が出てくる事はないんだろうなと思いますが、この映画の前年のアカデミー作品賞は「カサブランカ」、3年前の作品賞は「わが谷は緑なりき」でした。 この時代の映画の持つ雰囲気って、当たり前ですが二度と帰ってこないものがありますね。 現代の映画作家達には、後世に語り継がれる名作を生み出してくれるよう期待してます。


我が道を往く我が道を往く
1944年のアカデミー賞作品賞など7部門を受賞した名作。 ビング・クロスビーの優しい歌声が画面に彩りを添えて素敵です。 しかし戦時中にこんな映画を撮る余裕があったとは、これもアメリカですね。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...