「チャイナ・グローブ」 1973年 ザ・ドゥービー・ブラザーズ

2010-05-30

いつどこであってもこの曲が流れてくればご機嫌、という曲のひとつが、ドゥービー・ブラザーズの「チャイナ・グローブ」です。 イントロのこれで決まり!と言いたくなるリズム・ギターに続いてトム・ジョンストンの気持ちのいいボーカルが始まると、多少天気が悪かろうが嫌なことがあろうが、まあいいかとなるまさにアメリカン・ロックの名曲です。

彼らの3枚目のアルバム「キャプテン・アンド・ミー」の2曲目が「ロング・トレイン・ランニン」、続く3曲目が「チャイナ・グローブ」ですから野球でいえば強力クリーン・アップ、サッカーならば強力ツー・トップ、相撲なら東西横綱揃い踏み、なんだか例えが幼稚で恐縮ですが発表当時さぞウェストコースト・ロックシーンは盛り上がっただろうなと思います。

後にボーカルがマイケル・マクドナルドに代わってバンドの雰囲気がガラリと変わり、それでも大ヒットを飛ばしたのは喜ばしい事だと思いますが、サード・アルバムの頃にはジェフ・バクスターもまだ正式なメンバーではなく、彼らの周りに豊富な人材がいたのがバンドにとってラッキーだったのかもしれません。

だけど「ドゥービー・ストリート」と「運命の掟」ではまだ共存していたマイクとトムの関係が(こうして並べてみるとよくある名前ですね。)どうだったのかはよく知りませんが、あれだけボーカルや曲のスタイルが違えばまあ性格も違うんだろうなと想像がつきますね。 もしや二人の間には微妙な空気が流れていたのかも。

このあたりの事情には詳しい方もいらっしゃるかと思いますが、どちらか選べと言われたら僕は間違いなくトム・ジョンストンのドゥービー・ブラザーズに手を挙げます。 マイケルのファンの皆さんには申し訳ないけど、ここは生まれたての鳥の雛が初めて見た相手を親だと思う「刷り込み現象」のようなものだと理解していただければと思います。


ドゥービー・ブラザーズThe Captain and Me
心地よいオープニングからヒットナンバー「ロング・トレイン・ランニン」「チャイナ・グローブ」と続いた時点で売れない方がおかしいと思います。 他にもヘヴィーな「ウィズアウト・ユー」など名曲・佳曲ぞろいの名盤。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...